オープンソースカンファレンス2016 Fukuoka
2016-11-19 (土)   11時00分

オープンデータ概要とオープンデータカタログサイト~WordpressとCKANの統合~

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:坂本 好夫
担当:ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州
レベル:入門編
対象者:オープンデータ、オープンガバメント、シビックテックに興味のある人
前提知識:特になし

オープンデータは行政が持っているデータを2次利用可能なライセンスで公開することで、
行政の効率化、地域の課題解決、地域経済の活性化につなげていく世界的な取り組みです。
人口・税収が減少しても枯渇しない資源としてオープンデータは有効利用が期待されており、
欧米では、地域の課題を解決するNPOの活躍や、ベンチャー企業成功など、オープンデータが活用されていますが、
日本でオープンデータに取り組む自治体はまだ少ないためオープンデータの利活用が進んでいません。
ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州(BODIK)では、CKANとWordpressを統合した
オープンデータカタログサイトのクラウドサービスを自治体に無償で提供することで、
九州・山口地域のオープンデータ空白地帯ゼロを目指しています。

【カテゴリ】オープンデータ/公共・自治体/Web アプリ