オープンソースカンファレンス2017 Kyoto
2017-08-04 (金)   15時15分

Ansibleによる自動構築ベストプラクティスをOSSで公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:溝口 則行(TIS OSS推進室) 他
担当:オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)
レベル:入門編
対象者:DevOpsに興味があるインフラエンジニア
前提知識:特になし

今、システム構築や運用にクラウドの活躍はめざましいものがあります。
そのメリットをより多く享受するために、インフラ構築・運用のコード化技術を正しく認識し活用する必要があります。
このセミナーでは、Infrastructure as Codeの実績を自動化フレームワークとしてツール化し、OSSとして公開する
「SHIFT ware」を紹介します。

【カテゴリ】クラウド/運用管理