オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Spring
2017-03-11 (土)   13時00分

スプラトゥーン画像解析ツール「IkaLog」の紹介と近況

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:長谷川 猛
担当:IkaLog
レベル:入門編
対象者:・IkaLogと連携サイト「stat.ink」、そのしくみにご興味をお持ちの方。
    ・初歩的な機械学習で何ができるのか、またその適用例について興味をお持ちの方。
前提知識:スプラトゥーンやIkaLogに興味をお持ちの方。
     機械学習とは何か?について調べた経験をお持ちの方(必須知識ではありません)

Wii U用ゲーム「スプラトゥーン」の画面をリアルタイム解析し、プレイ情報の見える化や成績の集計を可能とする
オープンソースソフトウェア「IkaLog」は公開から1年を向かえました。今回は、IkaLogのかんたんな概要、
および画像認識に関するアップデート情報について紹介します。

【カテゴリ】調整中