オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Spring
2017-03-11 (土)   13時00分

OSSで実現するイマドキの大規模並列分散処理 〜Hadoopの登場から10年を経てこの分野はどう発展したか〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:ラナヴィーラ ラヴィンドラ(株式会社NTTデータ)
担当:株式会社NTTデータ
レベル:入門編
対象者:ビッグデータを処理する技術に興味のある方。
前提知識:ビッグデータを処理する技術にどのようなものがあるか知っていると尚良いです。

分散処理を行うミドルウェアであるApache Hadoopが登場して10年が経ちました。
Hadoopの登場によってこの分野は大きく発展し、新たなソフトウェアも次々と登場しました。
本セッションではこの分野の最新状況を踏まえ、
Hadoopエコシステムを中心とした大規模並列分散処理の概要や活用例をお伝えします。

【カテゴリ】ビッグデータ/分散処理