オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Spring
2017-03-10 (金)   15時15分

Hatoholは大規模システム監視でどこまで使えるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:野島 周平(さくらインターネット株式会社)
担当:ミラクル・リナックス株式会社(Project Hatohol)
レベル:入門編
対象者:ZabbixやNagiosなどのオープンソースツールを使って運用監視を行っている方、あるいはこれから使おうと検討している方
前提知識:システム監視に関する基礎知識

運用統合ソフト「Hatohol」を大規模システム監視環境で使うことを想定し、さくらインターネット様にて検証を行っていただきました。
その結果を踏まえて、以下のような情報を現場の観点からお伝え致します。

・Hatoholが現時点でどこまで使えそうか?
・「こうしたら使いやすくなった」など知っていると便利なTips
・今後のHatoholに期待すること


【カテゴリ】クラウド/運用管理