OSC2018

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2018-02-23 (金)   10時00分

OSSライセンスと著作権法のポイント〜世迷いごとを斬る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:姉崎 章博(NEC
担当:NEC
レベル:入門編
対象者:どなたでも
前提知識:特になし

組込み業界で、10数年前にばらまかれたFUDがまだ生きているようで、「OSS(ライセンス)はこわいもの」と
思っている方、いらっしゃいませんか!?
実は、「GPLは宗教だから信じるしかない」とか「GPLは契約だから従わなければならない」とか世迷いごとが
氾濫しているだけなんです!※GPLは無効だと言っているわけではないですよ。念のため。
そんな根拠が薄く、道理が通じない話をされたら不安になりますよね。
ほとんどのOSSライセンスは著作権に基づいています。
そこから論理的に、何が書かれているのか理解すれば、道理が通じ、怖いものでは無いことがわかります。

【カテゴリ】OSSライセンス

前回、OSC2018 Osaka の32upプレゼン資料

2018-02-23 (金)   11時00分

OSSライセンスとは 〜著作権を権原とした解釈

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:姉崎 章博
担当:OSSライセンス姉崎相談所
対象者:OSSライセンスに興味のある方
前提知識:覚えるのではなく、理解しようというマインド

「言われたらソース提供する義務(債務)が発生する」と説明する人がいます。
GPLを含む製品を出荷することは、そういう契約が成立するのだと、世界中でそう信じられています。
(※もしかしたら、契約違反で取り扱いたい士業の方がそのように誘導している印象さえ受けます)
こういう理解は、「言われたらお金を払う(見つからなければラッキー)」という万引き常習犯と同じ思考です。
そのため、4年前のCRIC受賞論文は、「OSS開発者がOSSライセンス条文でいろいろな条件を指定する権利がどこから来るのか」
という意味での権原は、著作権にあり、契約における債権(義務)にあるわけはないことを証明しようとしたものでした。
その概略をご紹介します。

【カテゴリ】OSSライセンス

前回、OSC2017.Enterpriseでのプレゼン

2018-02-23 (金)   11時00分

Infrastrucuture as Codeを活用してインフラエンジニアはハッピーに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:倉持 健史
担当:IaC活用研究会
レベル:入門編
対象者:インフラエンジニアの今後について考えている方や、システムインテグレーションに関わるエンジニアすべて。
前提知識:Unix/Linuxにおける基本的なオペレーション知識があれば十分です。

当研究会は「Infrastructure as Code(以下IaC)」という考え方を元に様々な関連ツールやソリューションを活用し、
結果として生産性向上果てはエンジニアの働き方改革を促進することに結びつくような活動を行っていく研究会です。
セミナーではIaCの概要およびどのようにIT業界でどのようにIaCが活用されているか、できそうかなどを関連する
OSSを元に解説し、さらにそれがエンジニアの働き方にどのようにかかわってくるのかを想像できるようなお話を
させていただきます。

【カテゴリ】Infrastructure as Code/運用管理/クラウド






2018-02-23 (金)   11時00分

IoT化した放射線計測ノードとその応用

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:河野 悦昌(主宰)
担当:秘密結社オープンフォース/日本Androidの会原子力部
レベル:入門編
対象者:フィールドにおけるIoTデバイスの開発について興味のある方
前提知識:初心者Welcome!

電池で動作し、フィールドサーバと通信するエッジデバイスを開発します。
放射線計測の他、定置デバイスとしてセンサーやカメラを接続する用途にも転用できます。
今回は、応用例として罠猟に使った例も紹介します。

【カテゴリ】ハードウェア/組み込み/IoT



2018-02-23 (金)   11時00分

オープンソースなネットワークスイッチって何?(続編

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:伊藤 正宏
担当:Cobalt Users Group/Project BlueQuartz
レベル:入門編
対象者:新しいネットワーク技術に興味がある人。自分で作りたい人。
前提知識:ネットワークの基礎知識があることが望ましい。

オープンソースなネットワークスイッチとはどういうことなのか。オープンソースって使えるの?作れるの?

【カテゴリ】Linux/ネットワーク


2018-02-23 (金)   11時00分

OTRS6で可能な運用管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:櫻井 耕造(アイオーアーキテクト 代表取締役社長)
担当:株式会社アイオーアーキテクト
対象者:OTRSで運用管理している方、導入を検討している方
前提知識:OTRSを触ったことのある人

OTRSで実現できる運用管理について、操作感を把握していただけるようにOTRSの画面を見ながら、デモを中心に解説します。導入事例についてもご紹介します。

【カテゴリ】運用管理/ITIL/自動化



2018-02-23 (金)   12時00分

<発表者募集中!>[飲食OK]ライトニングトーク(by OSCスポンサー)

このエントリーをはてなブックマークに追加

司会:宮原 徹(OSC実行委員会)
担当:オープンソースカンファレンス実行委員会
対象者:どなたでもお気軽にご参加ください

※軽食の持ち込みOKのセミナーです
※後日YouTubeでの録画配信を予定しています(本人確認後)

【ライトニングトーク(by OSCスポンサー)】
OSCスポンサーによるライトニングトークです。
持ち時間1人あたり5分のショートプレゼンテーション大会です。

[エントリー条件]
・OSCのスポンサー(協賛・後援)であること
・製品やサービスの単なる宣伝ではなく、オリジナリティのある面白い取り組みなどの発表であること

[エントリー期限]
2月13日(火)12:00
※空きがあればその後も募集します

[エントリー方法]
以下の項目を下記のフォームに入力しエントリーしてください。
当ページにエントリー順に掲載していきますので、ご確認ください。
エントリー多数の場合は選考となりますのでご了承ください。

--------------------------------------------------------------------------------
講演者名:
よみがな:
講演者所属スポンサー名:
ライトニングトークタイトル:
発表内容の概要:
--------------------------------------------------------------------------------


発表者は、開始時間前に会場前方にお越しください。
司会者より発表順をご案内します。
プレゼン用のPCは各自準備してください。

■エントリー

1)「1899年(明治32年)〜著作権法で繋がるNEC創立とOSSライセンス」
  姉崎 章博-あねざき あきひろ(NEC
  NECの創立は、OSSライセンスと同じく、著作権法の遵守が条件だった!?
 
2)「保守運用現場の課題を共有しませんか?-人力/属人的運用脱却に向けた取り組み紹介-」
  池田 大輔-いけだ だいすけ(TIS株式会社)
  苦労の耐えない運用現場の改善を目的として、 運用現場で発生する様々な情報の『共有・分析・レコメンド』実現を
  目指したTISでの取り組みコンセプトを紹介します。

3)「XOXZOのライフスタイル」
  野中 哲-のなかあきら(株式会社XOXZO)
  XOXZOは100%リモートワークの会社です。XOXZO社員のライフスタイルをご紹介します。

4)「セキュアなWebサイトの構築と運用」
  谷地田 工-やちた たくみ(株式会社ムービット)
  WordPress対応 常時SSL化など10分で出来るセキュアなWebの構築と運用

5)「マーケティング担当者のオープンソース勉強法」
  三田 明美-みたあけみ(サイオステクノロジー株式会社)
  IT用語が苦手な方向けに、ふわっとした勉強法をお伝えします!

6)「BigGorillaを活用した『テーブル名寄せ』手法」
  山下 宙元-やました みちはる(Recruit Institute of Technology)
  実際の利用事例を通じて「BigGorilla」の活用法をご紹介します

7)「サイバートラスト マスコットキャラ「みらくるちゃん」誕生!」
  浅野 遥-あさの はるか(サイバートラスト株式会社)
  新卒1年生がサイバートラストのマスコットキャラ「みらくるちゃん」を作りました。 その生誕にまつわる裏話を一挙公開!

2018-02-23 (金)   12時00分

Portus でプライベート Docker レジストリを作ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:橋本 修太・武山 文信
担当:日本 openSUSE ユーザ会
対象者:Docker のコンテナを管理したい方
前提知識:Docker についての基本知識

本セミナーでは Portus を用いたプライベート Docker レジストリの構築方法と、その使い方を紹介します。

Docker イメージを共有するレジストリといえば Docker Hub ですが、パブリックなレジストリで、
どこからでも誰でもがアクセスできてしまいます。そのため、運用中のサービスや開発環境のイメージを
企業内で共有するには向いていません。

このようなコンテナを共有する方法の1つとして、プライベートなレジストリをローカル環境に構築する方法があります。
プライベートレジストリを実現するソフトウェアには、商用の Docker Trusted Registry があります。
オープンソースの「Registory」もありますが、レジストリとしての最低限の機能に限られています。

Portus はこの「Registory」のフロントエンドとして、認証や Web UI によるユーザーやコンテナの管理を提供する
オープンソースソフトウェアです。おもに SUSE のエンジニアによって開発されています。本セミナーでは、
はじめに Portus のアーキテクチャについて説明し、続いて次のような機能を紹介します。

- 読み書き、管理といった権限の設定
- LDAP による認証
- イメージの検索
- push, pull の履歴表示

最後に、Portus を簡単に構築して利用できるようにするまでの方法を紹介します。

【カテゴリ】Linux/仮想化




2018-02-23 (金)   13時00分

BINDからの卒業やってみよう 〜注意すべきポイント〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:佐藤 匠
担当:三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
レベル:入門編
対象者:DNSの情報収集、BINDからの切替を検討している人。
前提知識:DNSに知識のある方

近年、BINDの脆弱性が多く報告されており、その対応に疲弊している担当者も多いと思います。
BINDから別ソフトウェアに切り替えた際に検出された課題・対処について講演します。

【カテゴリ】DNS





2018-02-23 (金)   13時00分

4K/8K動画やVRなどの大容量コンテンツの配信を支える新しいキャッシュ技術のご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:中島 拓真(TIS株式会社)
担当:TIS株式会社
レベル:入門編
対象者:大容量コンテンツ配信の課題とその対策について知りたい方
    大容量コンテンツの配信の通信負荷の軽減や従量課金額の削減を行いたい方
前提知識:インターネットコンテンツのキャッシュの基本的な考え方

4K/8K動画やVRなどの大容量コンテンツのインターネット配信を支える新しいキャッシュ製品をご紹介します。
本製品はTIS株式会社と電気通信大学 吉永努教授研究室との産学連携の研究結果をコアとして製品化した分散協調
キャッシュ製品です。以下の特許出願技術を組み合わせて、効率の良い配信基盤を実現します。

1.複数のキャッシュノードを組み合わせて、大容量な分散協調キャッシュを構成することができます。
2.コンテンツのアクセス頻度やネットワーク形状の変化に応じて、通信量削減効果を最大化するよう
コンテンツ配置が計算されます。
3.大容量コンテンツの中で、特にアクセス頻度の高い箇所を優先的にキャッシュすることで、限られた
キャッシュ容量を効率よく活用できます。

【カテゴリ】ネットワーク







前のイベント 次のイベント

www.ospn.jp