OSC2018
2018-12-14 (金)   18時20分

懇親会&OSC2018忘年会(18:20〜)

このエントリーをはてなブックマークに追加

OSCエンタープライズ懇親会&OSC2018 忘年会

日時:12月14日(金) 18:20〜21:00(18:10〜入場OK)
会場:渋谷アチェーゾ [アクセスマップ]
 (渋谷駅15番出口 徒歩3分)(OSC会場から120m。青山通りを駅方面に、一つ目の道を右に入り左手)
会費:一般:4,000円 (税込、領収書出ます)
   学生:2,000円 (税込、学生証提示)
内容:料理(ピザ、パスタ、他。イタリアン系)
   飲み放題(生ビール、カクテル、ワイン、ウイスキー、ソフトドリンク)
定員:80名


申込方法:OSCウェブサイト上で事前申込(参加できなくなった方はウェブ上でキャンセルまたはご連絡をお願いします)
支払場所:OSC会場の4F受付にてお支払、参加証お渡し。なるべくお釣りがでないようにご用意ください。
     お店に直接来られる方は、お店入口でOSCスタッフにお支払いください

講師の方も交えての楽しい懇親会です。最新の情報交換や人脈を広げるチャンス!お気軽にご参加ください。

※当日の参加受付ができない場合がありますので、必ず事前申し込みをお願いします。
※「OSC2018 忘年会」も兼ねていますので、OSC関係者、コミュニティの皆さんも振るってご参加ください!

2018-12-14 (金)   18時20分

[OSCエンタープライズ 懇親会] スポンサーご招待 専用申し込みページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーご招待枠をご用意いたしました。

日時:12月14日(金) 18:20〜21:00(18:10〜入場OK)
会場:渋谷アチェーゾ [アクセスマップ]
 (渋谷駅15番出口 徒歩3分)(OSC会場から青山通りを駅方面に。一つ目の道を右に入り左手)

会費:
   ご招待枠:無 料(ゴールド2名まで、シルバー1名まで)
   一  般:4,000円 (税込、領収書出ます)
   学  生:2,000円 (税込、学生証提示)
内容:料理(ピザ、パスタ、他。イタリアン系)
   飲み放題(生ビール、カクテル、ワイン、ウイスキー、ソフトドリンク)
定員:80名

締切:12月3日(月)

無料招待枠:スポンサー種別により異なります。
    -プラチナ/ゴールド 2名まで
    -シルバー 1名まで
    ※招待枠のご利用は事前申請が必要です。
    ※ご招待枠を超える分のお申込は、有料となります。(4000円/一般の申込ページ>>>こちらから<<<
    ※関係者配布用にご招待券の購入も可能です。フォームよりお申込ください。
    ※お支払いは当日現金、または、後日ご請求で対応可能です。

申込方法:予約申込フォームにて招待枠利用者氏名/人数を申請してください。
     ※メールで必要事項の申請をいただいても大丈夫です。
招待券お渡し:当日、OSC会場でお渡しします。

出展者、来場者を交えての懇親会です。
「OSC2018 忘年会」も兼ねていますので、OSC関係者、コミュニティの皆さんも広くご参加されます。

2018-12-14 (金)   17時10分

海外サポートを効果的に使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:谷川 真一(OSS Plaza.com)
担当:OSS Plaza.com
レベル:入門編
対象者:OSSや商用ソフトウェアで、英語で海外のサポートを直接受けることを考えている方。
前提知識:日本語でソフトウェアのサポートを受けたことがある方。

実際にソフトウェアサポートの現場で海外サポートとやりとりしている立場から、
特に海外のソフトウェアのコマーシャル・サポートを受ける際に、効果的にサポートの
支援を引き出す依頼の仕方やコミュニケーションの方法についてご紹介します。
英語の勉強に方法についても少し。

【カテゴリ】サービスの使い方





2018-12-14 (金)   17時10分

エンタープライズOSSプロジェクト - その立ち上げと管理

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:福安 徳晃(The Linux Foundation , Vice President of Japan Operations)
担当:The Linux Foundation
対象者:企業のビジネスでOSSを利用される方
前提知識:一般的なOSSの基礎知識

近年、洋の東西や業界の種類を問わずOSSが事業開発における「戦略物資」となっています。
中でも昨今のトレンドとして、世界中の有力企業が自社開発のソフトウェアを積極的にOSSとして公開し、
コミュニティを形成し、自社製品の開発効率や製品価値の向上に役立てています。
本セッションでは、企業における自社開発ソフトウェアの「グローバルOSSプロジェクト化」に関して、
その立ち上げやマネジメント手法などに関わる基礎的なノウハウの共有を行います。



2018-12-14 (金)   17時10分

オンプレミスでもブラウザで共同編集!LibreOffice Onlineの概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:村上 正記(アイクラフト株式会社)
担当:アイクラフト株式会社
レベル:入門編
対象者:パブリッククラウドを利用せずにファイルの共同編集を実現したい人
前提知識:LibreOfficeに関する理解がある方

LibreOffice Onlineを利用することで、すでに構築済みのowncloud/nextcloudサーバーが、
オフィスドキュメントをブラウザから共同編集できるようになり、活用の幅が大きく広がります。
LibreOffice Onlineの構築方法とそのサポートについてお話します。

【カテゴリ】ファイルサーバー/サポート/デスクトップ


2018-12-14 (金)   17時10分

GDPRの為のMySQL Enterprise Edition

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:稲垣 大助(Oracle Corporation (MySQL Community Team))
担当:Oracle Corporation (MySQL Community Team)
対象者:MySQLの最新動向を知りたい方。オープンソースデータベースの情報収集を目的としている人、データベースの利用を検討している方。
前提知識:特になし

MySQL Enterprise Editionが提供するセキュリティ対策機能について、GDPRで求められる要件を例にしてご紹介

【カテゴリ】データベース/セキュリティ






2018-12-14 (金)   17時10分

【キャリアセミナー】失敗しない就転職と採用を考えるディスカッション

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:宮原 徹
担当:キャリア企画有志
レベル:入門編
対象者:就転職を考えている学生および社会人/企業の採用担当者

就転職する側にとっても、採用する側にとっても、失敗はしたくないもの。
このセッションは、どうしたら就転職、採用を失敗しないかを考えるディスカッションです。
参加者からの質問、意見、大歓迎です。



2018-12-14 (金)   16時15分

豪華2本立て『オープンソース入門』『OSSの管理方法とツールの選び方』

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:吉田 行男(OBCI理事)・ 渡邊 歩(株式会社日立ソリューションズ)
担当:オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)
レベル:入門編
対象者:OSSの動向を知りたい方。OSSの管理(ライセンスやセキュリティ、ライフサイクル等)に興味のある方
前提知識:特になし

【オープンソース入門】
近年、益々重要性を高めるオープンソース。企業で導入・検証されているOSSの最新動向と最近のトレンドを解説します。

【OSSの管理方法とツールの選び方】
OSSを安心・安全に使うにはまずしっかり「管理」することが重要です。でも管理って具体的にどうすればいいの?
ライセンスやセキュリティ、EOLなど、何をどう管理すればいいのかを詳しくご紹介します。
またそれぞれの目的に適した管理ツールの選び方もご紹介します。

【カテゴリ】OSSの動向/セキュリティ






2018-12-14 (金)   16時15分

PostgreSQL 11 新機能解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:近藤 雄太(SRA OSS, Inc. 日本支社)
担当:SRA OSS, Inc. 日本支社
対象者:PostgreSQLの最新バージョンの情報を知りたい方
前提知識:PostgreSQLもしくはRDBMSについて基本的な知識がある方

OSS で人気のデータベースの1つである PostgreSQL の最新バージョンの情報をお届けします。
2018年10月18日ついにリリースされた PostgreSQL 11 の新機能を解説します。
紹介予定機能
- JITコンパイル
- 途中で COMMIT/ROLLBACK できるストアドプロシージャ
- パーティショニング機能の拡充
- パラレル処理の拡充
- SCRAMチャンネルバインド

【カテゴリ】データベース


2018-12-14 (金)   16時15分

Nutanix による HCI & Managed Kubernetes 技術解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:鈴木 照夫(Nutanix Japan)
担当:ニュータニックス・ジャパン合同会社
対象者:仮想化環境に対して設計・構築・運用など何らかの形で関わるインフラエンジニア。
前提知識:ITインフラ、仮想化に関する基礎的な知識がある方。

Nutanix(ニュータニックス)は"ハイパーコンバージドインフラ"(HCI)の市場をリードしているソフトウェアベンダーです。

HCIとは、簡単に言えば仮想化用のハイパーバイザーをインストールしたサーバーマシン群の内蔵ストレージを、
ソフトウェア処理によって、分散型アーキテクチャの共有ストレージとして活用する仕組みです。

物理インフラが従来の"サーバー+ストレージエリアネットワーク+共有ストレージ装置"という構成から
HCIに置き換わりつつある中、その上で動作するアプリケーションおよび実行環境の展開方法としては、
コンテナが注目を集めています。

Kubernetesがコンテナオーケストレーションシステムのデファクトスタンダートとしての地位を確立しつつある一方、
エンタープライズ企業の75%がデプロイメントを含む実装と運用の複雑性によりKubernetesを採用できないと答えています。
(Source: The New Stack 2017 Kubernetes User Experience Survey)

Nutanix Karbonは、コンテナオーケストレーション&マネージメントにまつわる課題を解決するために開発された、
マネージドK8sインフラストラクチャで、ネイティヴなK8sのエクスペリエンスを提供しつつデプロイや運用時の反復的タスクを
自動化・単純化します。

本セッションではNutanixのHCIおよびKarbonについて、デモを交えて解説します。

【カテゴリ】仮想化

前のイベント 次のイベント

www.ospn.jp