OSC2019
2019-11-23 (土)   14時00分

ITインフラの可視化と自律化への2つの解決策 〜 ‐霾鷭弧鵝澣ヽ3惱で目指す「次」がわかる運用 ∪瀋螢侫.ぅ襪らのネットワーク構成可視化

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:内藤 拓也・萩原 学
担当:TIS株式会社
レベル:入門編
対象者:ネットワークやITインフラの設計・構築・運用をしている人
前提知識:ITインフラの全体像把握や障害時の対処に課題を感じている方向け

 ̄人僂鮃圓辰討い襪箸にこう思ったことはありませんか?「見たい情報がぱっと見られたら良いのに…」。
「どんな調査や対応をするのが適切なんだろう…」。次に何を見て、次に何をすればよいかが誰でもわかる。
そんな次の運用を目指すTISの『運用レコメンドプラットフォーム』の取り組みを紹介します。
講師:内藤 拓也

∈廼疣誕蠅BatfishというNW機器設定解析ツールと開発中のNW構成可視化ツールを使って、
NW機器設定から構成情報を抽出し、NW図として可視化する取り組みを紹介します。
講師:萩原 学

【カテゴリ】調整中


www.ospn.jp