OSC2017

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2017-07-15 (土)   13時00分

今年4月に新規公開したJoruri CMS 2017の特徴と、Joruri CMS 2017を利用した低価格の自治体ホームページ再構築サービスのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:貴田 秀資(サイトブリッジ株式会社)
担当:サイトブリッジ株式会社
レベル:入門編
対象者:自治体サイト向けCMSまたは自治体サイトの制作に興味がある方。
前提知識:比較的規模が大きなWebサイトは、何らかのCMSを利用して構築されていることを理解されている方。

2010年3月に公開し現在85の自治体公式サイトにて稼働しているJoruri CMSの高機能版として、
2017年4月にJoruri CMS 2017をリリースしました。Joruri CMS 2017は当社にてZOMEKI(ぞめき)として
開発を進めているCMSの完成度を高め安定版とし、Joruri シリーズのCMSとしてリリースしたものです。
セミナーでは毎週新バージョンをリリースする方法で開発を進めているZOMEKIと、その安定版としてリリースする
Joruri CMS 2017の2つのCMSを開発する目的などをご説明します。

またこのJoruri CMS 2017を利用し、2017年5月から提供を開始した総額180万円(税別)で自治体ホームページの
再構築業務を承るサービスをご紹介します。一般に自治体ホームページの再構築の費用は、おおよそ500万円以上の
費用が必要ですが、打ち合わせを省略し、あらかじめ用意したデザインパターンを利用することにより、
大幅にコストを低減した制作サービスをご提供します。
この再構築サービスには既存サイトのデータ移行を含みます。既存サイトのデータ移行はコストがかかる作業ですが、
汎用的・標準的にシステム化することにより作業を効率化しました。セミナーでは以上のような制作フローの効率化や
システム化のしくみをご説明します。

【カテゴリ】Web アプリ/公共・自治体




www.ospn.jp