OSC2018

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2018-10-27 (土)   17時15分

これからのWeb構築の選択肢、クラウドサービスWeebly等とCMS Geeklogを使い分ける。CMSから乗り換えのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:今駒 哲子(代表)
担当:Geeklog Japan
レベル:入門編
対象者:リニューアルを検討している方、新規サイト構築を検討している方
前提知識:なし

一般的なWeb構築は、サーバーインストール型のCMSではなく、Weebly WIX JINDOなどといった
クラウドサービスを活用する時代になってきました。それぞれの比較とWeeblyの構築事例や、
各種CMSからクラウドサービスへ乗り換える際のコツをご紹介します。

CMSからクラウドサービスへ乗り換える際には、
多言語サイトのしくみやカート、ブログ機能を提供し、HTMLやJavaScriptのコードを埋め込んだり、
CSS, JS, 画像ファイルを直接アップロードできる、自由度の高いクラウドサービスを活用しましょう。

コードの埋め込み、ソースファイルや画像の一括アップロード、URL転送設定、ヘッダ、フッタの変更など、
サイト移行には欠かせない要素ですが、それらができないクラウドサービスもあるので
クラウドサービスの選択には注意が必要です。

そして、オープンソースCMS Geeklogでなければできないサイトとその事例、
Geeklog 2.2の新機能2FAなどをご紹介します。

WEB構築手法を規模や予算、目的に応じて、クラウドのサービスからCMSまで、構築手法を選びましょう。

Geeklog:
https://www.geeklog.jp

Geeklogではメンテナーを常に募集しています。
グローバルなCMSにはめずらしく日本人のメンテナーが2名います。
開発は、
https://github.com/Geeklog-Core/geeklog
プラグインは
https://github.com/Geeklog-Plugins

【カテゴリ】CMS


www.ospn.jp