OSC2018

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2018-01-27 (土)   13時00分

試して覚えるPacemaker入門 PG-REX(Pacemaker + PostgreSQLによるシェアードナッシングHA構成)運用

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:竹田 健二(Linux-HA Japan Project)
担当:Linux-HA Japan Project
レベル:入門編
対象者:高可用クラスタに興味を持っている方。
    これからPostgreSQLを使用した共有ディスクレスのクラスタを運用しようと考えている方。
前提知識:LinuxやPacemaker、PostgreSQLの基礎知識をお持ちの方。

PacemakerとPostgreSQLのレプリケーション機能を組み合わせてDBサーバを冗長化する「PG-REX」は
共有ディスクを使用しない安価な構成で、商用運用にも耐える可用性を実現することができます。

このようにPG-REXはとても有用なものですが、入門者にとっては
PacemakerとPostgreSQL両方の知識が必要になるので運用が難しく感じられるかもしれません。

そこで、今回のセミナーでは、PG-REXの運用に興味がある方に向けて
原因解析や復旧方法についてポイントを整理してお伝えいたします。

なお、構築についてはOSC 2017 Kyotoにて講演させて頂いてます。
ご参考までに。
https://www.ospn.jp/osc2017-kyoto/modules/eguide/event.php?eid=39

【カテゴリ】高可用クラスタ/Linux/データベース




www.ospn.jp