OSC2019

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2019-02-22 (金)   13時00分

複数のドメインの異なるWebサイト、複数の団体向けグループウェアを1システムで運用できるオープンソースソフトウェア「SHIRASAGI(シラサギ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:野原 直一(株式会社ウェブチップス 代表取締役)
担当:株式会社ウェブチップス
レベル:入門編
対象者:複数のWebサイトの運用を楽にしたいと思っている人、1つのWebサイトの運用を複数の部署で行いたいと思っている人、
    公共・自治体向けのCMS案件、オープンデータ案件、グループウェア案件を検討している人など。
前提知識:特になし

オープンソースソフトウェア「SHIRASAGI(シラサギ)」では、
CMS、グループウェア、ウェブメール、3つのアプリケーションが利用できます。

■CMSについて
マルチテナントに対応しているため、1システムで複数のドメインの異なるWebサイトを運用できます。
また、強力な権限管理によって1サイトを複数の部署で分割管理できます。
複数の県に導入実績を持つオープンデータ機能も利用可能です。

■グループウェアについて
複数の団体向けグループウェアを1システムで運用できます。また、自治体や教育委員会向けの特別な機能も実装しています。
実績として、16,000ユーザーの導入事例があります。

【カテゴリ】Web アプリ/公共・自治体/オープンデータ



www.ospn.jp