OSC2018

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2018-02-23 (金)   13時00分

4K/8K動画やVRなどの大容量コンテンツの配信を支える新しいキャッシュ技術のご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:中島 拓真(TIS株式会社)
担当:TIS株式会社
レベル:入門編
対象者:大容量コンテンツ配信の課題とその対策について知りたい方
    大容量コンテンツの配信の通信負荷の軽減や従量課金額の削減を行いたい方
前提知識:インターネットコンテンツのキャッシュの基本的な考え方

4K/8K動画やVRなどの大容量コンテンツのインターネット配信を支える新しいキャッシュ製品をご紹介します。
本製品はTIS株式会社と電気通信大学 吉永努教授研究室との産学連携の研究結果をコアとして製品化した分散協調
キャッシュ製品です。以下の特許出願技術を組み合わせて、効率の良い配信基盤を実現します。

1.複数のキャッシュノードを組み合わせて、大容量な分散協調キャッシュを構成することができます。
2.コンテンツのアクセス頻度やネットワーク形状の変化に応じて、通信量削減効果を最大化するよう
コンテンツ配置が計算されます。
3.大容量コンテンツの中で、特にアクセス頻度の高い箇所を優先的にキャッシュすることで、限られた
キャッシュ容量を効率よく活用できます。

【カテゴリ】ネットワーク








www.ospn.jp