OSC2018

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2018-02-24 (土)   13時00分

クラウドサービス「cybozu.com」を支えるOSS

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:内田 公太(サイボウズ株式会社)
担当:サイボウズ株式会社 コネクト支援部
レベル:入門編
対象者:インフラで活用できるOSSを探している人
前提知識:クラウドサービスのアーキテクチャについて基礎的な理解がある方。

サイボウズが開発、提供しているクラウドサービス「cybozu.com」では、数々のオープンソースソフトウェアを活用しています。
その中には、サイボウズ自身が開発、公開しているオープンソースソフトウェアもあります。
このセッションでは、サイボウズが開発、公開しているオープンソースソフトウェアを紹介します。
◎yrmcds(memcached互換で、レプリケーション機能を備えた、インメモリKey-Valueストア)
◎cybozu-go/cmd(Goで“いい感じ”のコマンドを作れるツールキット
◎WalB(LinuxのブロックデバイスレイヤでWALによる複数世代バックアップを実現)
などなど。

【カテゴリ】Linux/プログラミング言語/運用管理







www.ospn.jp