OSC2019

ログイン

ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
2019-05-31 (金)   14時50分

ハイパーコンバージドインフラを支える技術〜How OSSes work in Nutanix〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師:島崎 聡史(Nutanix Japan テクニカルエバンジェリスト)
担当:ニュータニックス・ジャパン合同会社
レベル:入門編
対象者:インフラ技術に興味のある人
前提知識:サーバー仮想化の基本的な概念

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)とは、Software-Defined Storageを中核とした統合インフラ技術です。
ここ数年で、オンプレミス環境を構築する際のスタンダードな選択肢の1つとなったアーキテクチャです。

NutanixはGoogle File Systemのリードデベロッパーであったモフィット=アーロン氏が考案した
アーキテクチャをベースとしており、優れたパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティを実現した
HCIを提供しており、この市場をリードしてきたベンダーです。

NutanixはHCI専業ベンダーとして2009年にビジネスをスタートしましたが、その内部ではOSSを
活用しています(OSSではない部分もあります)。当セッションでは、Nutanixのディープな内部構造
およびOSSとのかかわりについて解説します。

【カテゴリ】仮想化/ストレージ




www.ospn.jp