OSC2017

ODCのイベント参加方法

ODCにご参加いただくためには、2つの参加申し込みが必要です。
お手数ですが、ご参加の皆さまへのご協力をお願いいたします。

1)イベント参加申し込み
「参加申し込みページ」で、お申し込みをお願いします。
当日、スタッフが参加チケットの確認をいたします。
スマートフォンなどの端末でチケット画面を見せていただくか、チケット(PDF)を
プリントアウトしたものをお持ちください。

2)参加セミナーへの事前申し込み
各セミナーの参加人数を把握するために、参加希望のセミナーへの申し込みをお願いしています。
セミナータイムテーブルをご覧いただき、「参加セミナー事前登録」のページから申し込みをお願いします。
参加申し込みいただいたセミナーは、ログイン後に変更も可能です。



「参加申し込みページ」
「参加セミナー事前登録ページ」

※ODCの参加申し込みが2つに分かれている件

個人スポンサー(オリジナルTシャツ付き)募集します

ODCでは個人スポンサーを募集しています。
個人スポンサーの方には、講師の方と同じ、ODC開催記念のオリジナル「開発Tシャツ」をプレゼントします。

「開発Tシャツ」イメージ
「個人スポンサー(Tシャツ付き)申し込み」はこちら

2日目 8/20(日)LLイベントを開催します

オープンデベロッパーズカンファレンス2日目には、LLイベントを開催します。
詳細は、LLイベントの公式ウェブサイトをご覧ください。
「Learn Languages 2017 in ODC」
公式サイト https://ll.jus.or.jp/2017/

1日目 8/19(土)! LTソントラック(発表者募集中)!!

開発・開発者に関するライトニングトークをテーマ別に1日中開催します!

オープンデベロッパーズカンファレンスでは1人でも多くの方に発表していただく為に、
終日LTのみを行う「LTソントラック」を開設いたします。
ODCのテーマである「開発」「開発者」に関するテーマであれば、どんな内容でもOKです。
他のセミナーに合わせて45分間に6名〜7名の方に発表をしていただく予定です。
エントリー、お待ちしております!
※発表者の方にはイベント特製Tシャツをプレゼントします

詳細&エントリー方法は以下のページをご確認ください。
https://www.ospn.jp/odc2017/modules/eguide/event.php?eid=12

開催概要

日程:2017年8月19日(土) 10:00〜18:00(展示は10:00〜16:30)
       8月20日(日) 10:00〜18:00(展示は10:00〜16:00)   

会場日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 3号館7F
    [アクセスマップ] (JR蒲田駅 徒歩3分) 

費用:無料

内容:「開発」「開発者」をキーワードに、様々な最新情報を提供します。
   ・セミナー
    - 開発トレンドの最新動向や、DevOpsなどをテーマにしたセミナー
   ・展示
    - 協賛企業によるデモ展示
   ・主なテーマ
    - 言語・ミドルウェア
    - スマホアプリ・Webサービス開発
    - クラウド活用(XaaS)
    - CI/CD/DevOps
    - AI・機械学習

主催:オープンデベロッパーズカンファレンス実行委員会

協力日本工学院専門学校


企画運営:株式会社びぎねっと

Open Developers Conference開催にあたって

OSPN(Open Source People Network)は、オープンソースの普及発展を目指して、
2004年9月より「オープンソースカンファレンス」(OSC)を全国各地で開催してきました。
OSCはオープンソースに関わるコミュニティと企業、エンジニアや学生の交流の場として発展してきました。

その一方で、OSSの「利用」の側面が強く、「開発」についての情報交換が少ない傾向にありました。
このような状況や、昨今のDevOpsの需要の高まりなどを踏まえて、開発者とインフラエンジニアの交流の場として、
「オープンデベロッパーズカンファレンス」(ODC)を開催いたします。
これからの開発のあり方を考える場としてご活用ください。

オープンデベロッパーズカンファレンス実行委員会