2年ぶり2回目の徳島開催、OSC2015 Tokushima!!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月14日(土)にOSC2015 Tokushima
「とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)」で開催されました。
徳島での開催は2013年3月に続き2回目となり、2年ぶりの開催でした。
前回(2013年)の開催レポート

OSC徳島:会場

日時:2015年11月14日(土)
会場:とくぎんトモニプラザ(徳島県青少年センター)
展示:33ブース
セミナー:23セッション
来場者:約200名
展示一覧
セミナープログラム

=前日準備=

午後から出展者の荷物の受け取りや、会場設営、配布資料の袋詰めを行いました。

前日準備 前日準備
前日準備 前日準備

=開催当日=

開催当日は、朝9時に集合し、受付開始までの45分間で一気に受付の準備、
セミナー会場と展示ブースの最終設営を行いました。

出展者の方も9時過ぎには会場に続々と到着し、
それぞれのブースの展示準備を行っていました。

開催当日 開催当日
開催当日 開催当日

=受付=

受付開始時には、多くの人が受付に並んでいました。
受付でプログラムを受け取る、徳島県のマスコット「すだちくん」!

受付 受付

受付の隣りには抽選コーナーがありました。アンケートに答えると
くじ引きができ、豪華アイテムをGET!した方もいらっしゃいました。

アンケート記入コーナー 抽選コーナー
(写真左:アンケート記入中 / 写真右:抽選コーナー!!)

=展示ブース=

展示ブースは、3階のセミナー会場後方にスポンサーブース、
4階にコミュニティブースを設置しました。
前回に引き続き、地元の「徳島県立徳島科学技術高等学校」の出展に
加えて、今回は、隣県の香川県から「香川大学工学部サークルSLP」と
「香川高等専門学校 詫間キャンパス 白石研究室」も出展いただきました。

各ブースでは、様々な質問、製品やソリューションに関する
情報交換など、活発な交流が行われました。

また今回は11時台と14時台の2回、展示ブースをガイドの説明付きで
見て回れる展示ツアーを行いました。
皆さん、興味深く話しを聞いている姿が印象的でした。

展示会場 展示会場
展示会場 展示会場
展示会場 展示会場

=セミナー=

23セッション行われたセミナーの中から
7つのセミナーをピックアップしてレポートします。

分散処理基盤Apache Hadoop入門とHadoopエコシステムの最新技術動向
担当:株式会社NTTデータ四国

セミナー

日本で数人しかいないHadoopコミッタである株式会社NTTデータの鰺坂さん
からHadoopに関する最新技術動向などを紹介していただきました。
Hadoopの利用が浸透していく中で発生した課題に対応する様々なエコシステム
が登場しており、Hadoop自体も使いやすくする仕組みを開発するなど、進化を
続けているとのことでした。

オープンソースライセンスの現状と最新動向
担当:一般社団法人オープンソースライセンス研究所

セミナー

OSSを活用して仕事をする人のために参考となる、ソフトウェアの知的保護に
ついての経緯、オープンソースライセンスの定義について、分かり易く説明
していただきました。

Android アプリ開発を加速するオープンソースライブラリ
担当:Tokushima.app

セミナー

Android アプリ開発する際に有用なオープンソースライブラリの紹介を
していただきました。
参加者から、便利なライブラリの見つけ方についての質問があり、
講師の辰濱さんは、東京で開催される勉強会の情報が役立っている
と回答されてました。
徳島県神山町にあるサテライトオフィスで勤務されている辰濱さん
ならではのメリットですね。

これから始める人のための自動化入門~Ubuntu Jujuを使って~
担当:日本仮想化技術株式会社

セミナー

Ubuntu Jujuを使ったデモを実施し、各種サービスのインストールから
設定まで構成を自動化できる仕組みについて紹介していただいました。
自動化することで、大量処理が可能となり、設定ミスの防止など、品質の
向上にもつながるとのことでした。

次世代モバイルデータベースRealm
担当:Realm Inc

セミナー

モバイルデータベースRealmの仕組みの紹介と使い方、SQLiteなど既存の
DBやO/Rマッパーとの違いと優位性を解説していただきました。

オープンソースソフトウェアJoruri CMSの開発から7年で会社がどう変わったか、
これからどう変わるか

担当:サイトブリッジ株式会社

セミナー

徳島県発のOSS「Joruri」シリーズの開発、オープンソース化に至るまでの
苦労話や、会社として事業を継続するためのビジネスモデル等について紹介
していただきました。

jus研究会徳島大会「ITコミュニティの運営を考える」
担当:日本UNIXユーザ会

セミナー

辰濱さん(tokushima.app)、野原さん(tokushima.rb)、
榎さん(日本UNIXユーザ会/LibreOffice日本語チーム)、
法林さん(日本UNIXユーザ会) のコミュニティ運営者の4名が登壇し、
・コミュニティに人が集まらない
・定期開催が難しい
・若年層の仲間を増やす方法
等、コミュニティに関する課題についてディスカッションを実施しました。
母数が少ないことや、エンジニア同士の繋がりが薄い等、地方特有の要因が
あるのではという意見が出ました。
それらを解決するための斬新な手段はなく「活動を知ってもらうための啓蒙」
と「コミュニティ活動の継続」を粘り強く実施するという、コミュニティ活動
の原点に戻ることが大切であるとの結論に至りました。
「継続は力なり!!」

=ライトニングトーク=

司会は、Tokushima.rbの河野さん、ドラ娘は武村さんが、
ご当地「阿波踊り(女踊り)」の衣装で登場しました。

司会とドラ娘 ライトニングトーク

ライトニングトークには6件のエントリーがありました。
5分間の持ち時間の中、若干タイムオーバーだった方、大事なまとめが
投影されなかった方など、LTならではのハプニングがありましたが、
発表者の熱意は、参加者に伝わったと思います。

ライトニングトーク発表 ライトニングトーク発表
ライトニングトーク発表 ライトニングトーク発表
ライトニングトーク発表 ライトニングトーク発表

=閉会式=

ライトニングトークの後に閉会式が行われ、
「すだちくん」も最後まで、盛り上げてくれました。

閉会式

OSC徳島実行委員長の野原さんから、
次回は、四国の他県で開催したいとのコメントがありました。

=懇親会=

懇親会は徳島の繁華街?の中心地で開催し、60名の方が参加されました。
食事はビュッフェ形式で飲み放題。

懇親会 懇親会
懇親会 懇親会
懇親会 懇親会

恒例のじゃんけん大会や豪華日本酒の飲み比べもありました。
最後は、OSC徳島実行委員長の野原さんの一本締めで、
OSC2015 Tokushimaが終了しました。

さいごに・・・

出展いただいた皆さま、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
2年ぶりの徳島での開催は皆さまのお陰で、最後まで盛り上がりました!
またいつか徳島でお会いできる日を楽しみにしております。

▼最後にスタッフ全員で記念撮影!!
スタッフ大集合

=================
OSC2015 Tokushima実行委員
公益財団法人 e-とくしま推進財団
(徳島県地域振興課駐在)
井内 聡
=================

OSC 2015Tokyo/Fall!今回も大盛況でした!!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースカンファレンス事務局です。

10月24日(土)-25日(日) 明星大学でOSC2015 Tokyo/Fallを開催いたしました。
1日目はさわやかな秋晴れで、ぽかぽか陽気。
2日目は、木枯らし1号が吹く肌寒い1日となりましたが、両日とも良い天気に恵まれた中での開催となりました。

■開催のまとめ
来場者数   : 1日目(土) 約950名・2日目(日) 約600名、計 約1,550名
展示ブース数 : 108(企業/団体 41、コミュニティ 67)
セミナー数  : 91(1日目 48、2日目 43)
コミュニティ企画 : 1(1日目:1)
Twitterハッシュタグ:#osc15tk

■展示ブース

108団体が出展した展示ブース。
今回、展示会場は2Fワンフロアーだったので、まわりやすかったのではないでしょうか。

展示ブース一覧

<各展示ブースの様子>
展示会場の様子1 展示会場の様子2
展示会場の様子3 展示会場の様子4
展示会場の様子5 展示会場の様子6
展示会場の様子7 展示会場の様子8
展示会場の様子9 展示会場の様子10

■セミナー

2日間で91セッションが行われたセミナー。
見たいセミナー時間が重なってしまい残念というご意見をいただいていて、事務局としても大変心苦しいです。
限られた日程で多数のセミナーを開催しておりますので、何卒ご了承いただければと思います。
セミナー資料・動画(一部)も公開しておりますので、ご覧ください。

→ 1日目:セミナープログラム
→ 2日目:セミナープログラム
公開資料・動画まとめ

<各セミナーの様子>
セミナー5 セミナー4
セミナー2 セミナー1

■コミュニティ企画

ハンズオンセミナー

Android学生部による学生限定のハンズオンセミナーが行われました。
15名が参加し、それぞれの課題をこなすことができたようです。
説明が分かりやすく楽しかったという意見も多数。
ハンズオンの様子1 ハンズオンの様子2

■学生向けセミナー

24日(土)11:00〜、13:00〜明星大学 情報学部主催の学生向けセミナーが開催されました。
約70名の学生が参加。セミナー終了後には、展示ブースを見て回ったりと存分に刺激を受けたようです!

■展示ツアー(両日1回ずつ開催)

今回も多数の方にご参加いただきました。
OSCに初めてご参加で、どのブースをみたらいいのかわからないという方におすすめの
ツアーです!
都合が合わなかった方も、次回は是非ご参加くださいね。
展示ツアー

■スタンプラリー&くじ引き

参加者には、先着でもれなく景品があたるスタンプラリー。
スタンプを設置しているブースで説明を受けると、さらにステッカーやノベルティが
もらえることも!
今回はとても盛況で、2日目の15時頃には用意していた景品が終了してしまいました。
今回ゲットできなかった方も、次回またチャレンジしてみてください。

アンケートと引き換えにくじ引きができるコーナー。
出展団体からは、いつもたくさんの景品をご提供いただき、ありがとうございます。
豪華な景品を目の前に、みなさん真剣でしたよ。
スタンプラリー くじ引き

■大懇親会(1日目終了後に開催)

会場が溢れるくらい、たくさんの方にご参加いただきました。
LTで盛り上がっている方々、熱く語り合う参加者、それぞれに充実した時間を過ごして
いる様子でした。
大懇親会

■ライトニングトーク(2日目 セミナー終了後)
12名の方がエントリーしたライトニングトーク。大いに盛り上がっていましたよ。
LT1 LT2

最後に、OSC開催にいつもご協力いただいている明星大学関係者の皆様に感謝申し上げます。
また、ご来場者の皆様、出展者の皆様、ボランティアスタッフの皆様、OSCを盛り上げていただき、ありがとうございました。

次回のOSC東京は2016年2/26(金)、27(土)に決定しました。
次回もまた、是非お会いしましょう!

「オープンソース」を使ってみよう (第37回 Open-Audit)

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

1. はじめに
ITインフラの運用管理にとって、インベントリ収集の自動化は課題の1つです。
インベントリ収集とは、ネットワークに接続されているサーバやネットワーク機器
のアドレス、ホスト名、OS名などの構成情報を収集し、構成管理データベースなど
に保存する仕組みです。
有償の商用製品では、昔から色々な製品が発売されていますが、オープンソースの
ものはあまり注目されていませんでした。
しかし近年Zabbixにホストインベントリ管理機能が追加されたり、CMDBuildなど
の構成管理システムが紹介され始め、オープンソースのイベントリ収集システム
への関心が高まっているようです。

インベントリの自動収集は、対象機器に情報収集エージェントをインストール
するエージェント型と、ネットワーク経由でnmapやsnmp等のプロトコルを使用
するエージェントレス型の2つのタイプがあります。
前者のエージェント型のオープンソース製品の代表は、OCS-Inventory NGです。
今回ご紹介するOpen-Auditは、後者のエージェントレス型のオープンソース製品の
代表です。
エージェント型とエージェントレス型は、機能的に大きな優劣はありませんので、
対象機器の種類やインストール方法などのユーザの環境によって使いやすいものを
選択すればいいでしょう。

2.Open-Auditとは
Open-Auditは、オーストラリアのOPMANTEK社によって開発・メンテナンス
されているオープンソースソフトウェア(GNU Affero General Public License)で
あり、2002年に最初のバージョンがリリースされて以来、3万以上のダウンロード
を超えるインベントリ収集の定番ソフトウェアです。
Open-Auditの特徴は、エージェントレス型でありながら豊富な情報収集機能、
レポーティング機能を備えており、主な機能は下記の通りとなります。

(1) 自動検出
サブネット/アドレスレンジ/アドレス指定での検出

(2) インベントリ情報収集
▼対象機器
snmp v1/2, Linux/vSphere ESXi/Mac OSX(ssh), Windows(WMI), Active Directory
▼ネットワーク情報
IPアドレス、ホスト名、OS種別、ユーザ情報、ネットワーク設定等
▼ハードウェア情報
製造元、モデル、シリアル、BIOS情報、CPU/メモリ/ストレージ情報等
▼ソフトウェア情報
OS情報、インストールパッケージ、サービス/デーモン等AD連携

(3) レポーティング
任意のレポート作成、編集
PDF/Excel/CSV/JSON/XML/HTML出力

また、OPMANTEK社からは有償サポート製品として、
Open-Audit Enterpriseも提供されています。

3.アーキテクチャ
Open-Auditは、データベース、WEBサーバ、オーディットホストで構成され、
1つのシステムに全てインストールしても、別々にインストールすることも
可能です。
データベースは、MySQL、WEBサーバは、Apache/PHP、オーディットホストは、
対象機器のサブネットに到達できるサーバで稼働します。

アーキテクチャ

オーディットホストは、対象ネットワークに対してnmapスキャンを実行し、
snmpポートがあればsnmpポーリングし、ssh/WMIポートがあれば
ssh/WMIログインしインベントリ収集スクリプトを実行します。

openaudit4

4.動作環境
■推奨ハードウェア
2GHz CPU, 4GBメモリ, 1GBディスク以上、Core2Duo, 4GBメモリで
100サブネット/700デバイスの管理実績あり
■ソフトウェア環境
Linux (RedHat 6, CentOS 6, Debian 7, Ubuntu 12.04 and Ubuntu 14.04以上,
64bit)、Windows server 2008R2, 7以上 64bit
Apache/PHP/MySQL5以上 が稼働すること

5.関連情報
本家サイト:http://www.open-audit.org/
インストール方法:http://qiita.com/satoruf/items/6e6bf2f93db18e16fd00

OSPN Press 第62号 (2015/11/4発行)

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

■次回のOSCは・・「徳島(11/14)とエンタープライズ東京(12/9)です!」
■[開催報告]OSC福岡・OSC東京、無事に終了
■ITニュース・総合
■ITニュース・オープンソースリリース情報
■オープンソースカンファレンス開催レポート
-OSC2015 Hiroshima
-OSC2015 Fukuoka
■オープンソースコミュニティ紹介 〜from OSS コミュニティ辞典〜
-CodeJP
-Code for Sapporo
-joomla!研&ohotech

OSPN Pressメールマガジンの購読はこちらからどうぞ(無料)!

More