OSPN Press 第141号 (2022/11/22発行)

OSPN Press 第141号 (2022/11/22発行) はコメントを受け付けていません
このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 今後の開催は・・・「OSCオンライン福岡」「OSCオンライン大阪」です!
■ 開催報告・・・・・「OSCオンラインFall」「OSCオンライン長岡」開催を終えて
■ 開催レポート・・・「OSCオンラインFall」開催レポート

More

OSCオンラインFall 開催レポート!
〜セミナーと独自企画の動画も公開中〜

OSCオンラインFall 開催レポート!
〜セミナーと独自企画の動画も公開中〜 は
コメントを受け付けていません

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月28日(金)-29日(土)「オープンソースカンファレンス2022 Online/Fall/」が開催されました。

<開催のまとめ>

開催日:2022年10月28日(金)・29日(土)
会場 :オンライン(Zoom/YouTubeチャンネル)

タイムテーブル
1日目 -2トラック(14セッション)+独自企画(2)
2日目 -3トラック(20セッション)+独自企画(2)+ライトニングトーク(2)

→ Twitter(ハッシュタグ タイムライン #osc22on
→ セミナー動画 タイムテーブル形式(1日目 2日目
→ セミナー資料(まとめページ

<参加者の声(参加登録時のアンケートより)>

– OSSの新しい情報、おもしろネタを期待しています。
– いつも大変勉強させて頂いております。身近に専門家がおらず貴重な情報源のひとつです。
– 段々とオフラインの気配もでてきましたが、オンラインを平日に見られる体験いいですね!
– これからOSSの勉強をどんどんしていきたいと思っています。
– 今回も盛り沢山の話題が予定されており楽しみにしております。
– 丁度業務で使用している内容のお話ですので、楽しみにしております。


今回のアンケート回答者の中から抽選でプレゼントされた書籍です。当選者の方おめでとうございます!

OSSライセンスを正しく理解するための本
実践 Keycloak
Fluentd実践入門 ──統合ログ基盤のためのデータ収集ツール(電子版)
[試して理解]Linuxのしくみ ―実験と図解で学ぶOS、仮想マシン、コンテナの基礎知識【増補改訂版】(電子版)
読みやすいコードのガイドライン ―持続可能なソフトウェア開発のために(電子版)
Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 第2版
・同人誌セット(技書博モウフカブール親方Project

<セミナー動画ピックアップ!>

セミナーを実施した講師、聴講していたスタッフから、セミナーのポイントや聴講した感想を紹介しています。アーカイブ動画を見る際の参考にしてください。

はじめてのプロジェクト管理ツール 〜Redmine超入門〜

担当:ファーエンドテクノロジー株式会社
講師:黒谷 明大

「はじめてのプロジェクト管理ツール 〜Redmine超入門〜」というタイトルで、オープンソースのプロジェクト管理ツール「Redmine」を使ったプロジェクト管理の方法をご紹介しました。表計算ソフトなどでプロジェクト管理を行っている方、プロジェクト管理ツールを利用したことがない方、プロジェクト管理ツールの導入を検討中の方、Redmineを初めて使う方などを対象とした、初心者向けの内容です。
アーカイブ動画が、皆様のお役に立てれば幸いです。(講師 黒谷)

これから始める人のためのRDBMS/SQL入門

担当:日本MySQLユーザ会(MyNA)
講師:坂井 恵(日本MySQLユーザ会 副代表)

MySQL にとらわれずデータベースの基本的なところから SQL の概要、実際の SQL 発行など非エンジニアにもわかりやすく、図なども用いて解説されていました。また、 JSON 型に関して質疑が出ていたときにもすぐに回答されているのが特徴的でした。(スタッフ おおすぎ)

<懇親会>

オンライン懇親会は、乾杯でスタートです。
ブレイクアウトルームに分かれて、同じ部屋になったメンバーで話をしながら、楽しい時間が過ぎていきました。

[乾杯!オンライン懇親会のスタート!]

<終わりに>

開催したイベントごとの再生リスト(Youtubeチャンネル)とタイムテーブル形式(1日目 2日目)を作成しましたので、当日参加できなかった方は、ぜひ動画配信でお楽しみください。

次のイベント開催は、11/26(土)の「OSCオンライン福岡」です。
参加登録はこちらから(connpass)

皆様のご参加をお待ちしています。

■今後の開催スケジュール
https://www.ospn.jp/

OSCオンライン広島 開催レポート
〜広島特別企画も盛り上がりました〜

OSCオンライン広島 開催レポート
〜広島特別企画も盛り上がりました〜 は
コメントを受け付けていません

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月1日(土)「オープンソースカンファレンス2022 Online/Hiroshima」が開催されました。
今回は独自企画ハンズオンが現地の会場から配信されました。

<開催のまとめ>

開催日:2022年10月1日(土)
会場 :オンライン(Zoom/YouTubeチャンネル)

タイムテーブル
3トラック(19セッション)+ライトニングトーク(1コマ)+独自企画(2)

→ Twitter(ハッシュタグ タイムライン #osc22hi
→ セミナー動画(タイムテーブル形式
→ セミナー資料(まとめページ

<参加者の声(参加登録時のアンケートより)>

– まだ今の段階では分からないことが沢山あるかもしれませんが、このイベントまでにある程度知識をつけて少しでも理解できるように頑張ります!
– 山口県で活躍されている方たちのことに興味があります。楽しみです。
– 来年こそは、オフラインでも集まりたい。
– 会場に集まっての開催の再開を望みます!


今回のアンケート回答者の中から抽選でプレゼントされた書籍です。当選者の方おめでとうございます!

OSSライセンスを正しく理解するための本
初めてのGo言語
Vue 3 フロントエンド開発の教科書(電子版)
小さな企業がすぐにできるセキュリティ入門(電子版)(電子版)
60分でわかる!インボイス&消費税 超入門(電子版)(電子版)
・同人誌セット(技書博モウフカブール親方Project

<オリジナル壁紙>

今回も、OSC広島のオリジナル壁紙が制作されました。
→ 壁紙の紹介とダウンロードページ

広島のスタッフによる企画セミナー「OSC広島のポスターについて振り返る」では、歴代のポスターとそれぞれの制作の経緯やコンセプトが紹介される楽しいセッションとなりました。
以下のセミナー動画でもご紹介しています。

<セミナー動画ピックアップ!>

セミナーを実施した講師、聴講していたスタッフから、セミナーのポイントや聴講した感想を紹介しています。アーカイブ動画を見る際の参考にしてください。

【広島特別企画】 OSC 広島のポスターについて振り返る

担当:オープンソースカンファレンス広島実行委員会
講師:岡川 卓詩・池坊 繁屋・矢後 秀隆
  (技術企画部技術SE部門オープンソーステクノロジセンタ所属)

OSC広島初回から今回までの12年間、広島国際学院の学生さんに作っていただいた13枚のポスターに基づいて、デザイン面からの考察や作成された学生さんの現在の活躍などを紹介いただきました。一枚のポスターの中に、こんなにも色々考えたデザインが詰め込まれたものだったのか!と目から鱗の13枚でした。残念ながら、広島国際学院の学生さんにポスターを作っていただくのは今年が最後になるのですが、これまで作って頂いたポスターやキャラクターはOSC広島の宝として大事にしていきたいと思いました。
12年間、ありがとうございました。(OSC広島実行委員会 スタッフ みたに)

NetBSDのご紹介

担当:日本NetBSDユーザーグループ
講師:蛯原 純(The NetBSD Project / developer)

広島地方で主に開発されている nono は、 NetBSD とかで動作する OMRON LUNA-I/LUNA-88K (と SHARP X68030) のエミュレータです。nono を利用することで、メモリマップ等の詳細な動作を知ることができ、コンソールスクロール速度のチューニングや、68系SONY NEWSのエミュレータ試験実装、モトローラMC88000 向けNetBSD/luna88k の動作検証等が行われています。
欧州でBSD系OSについての国際会議 EuroBSDCon が、2022年9月15日から18日まで、オーストリアのウィーンで開催されました。日本では AsiaBSDCon 2023 を2023年3月30日から4月2日まで、東京理科大学(神楽坂)で行う準備を進めています。
日本NetBSDユーザーグループは、通常参加しているオープンソースカンファレンスに加え、2022年11月11日から12日まで行われる 関西オープンフォーラム2022 にブース出展/セミナー枠で参加します。日程がオープンソースカンファレンス2022 Online/Nagaokaと重なっているため、うまく両方に参加できないか考えています。(日本NetBSDユーザーグループ 蛯原 純)

Neo4jグラフデータベースのNeoDash 2.0でOpenStreetMapを使ったダッシュボードを作ろう。

担当:Neo4jユーザーグループ
講師:案浦 浩二

Neo4Jで使えるアプリの一つであるNeoDashのバージョン2では、POINT型データを使う事でOpenStreetMapを使って簡単にデータを地図にプロットしたり描画したりできるようになりました。
元々Neo4Jはノード間の関係をグラフィカルに表示する機能があるのですが、グラフデータベースの得意分野である最短距離検索結果を地図上に表示することが苦手でした。今回のバージョンで非常に簡単に地図を表示できるようになりましたので、お客様に分かりやすい表示ができるようになりました。
この機能を利用することで、Neo4Jの利用分野が更に広がりそうです。
(スタッフ みたに)

<懇親会>

オンライン懇親会は、乾杯でスタートです。いろんな話題で盛り上がり、時間が過ぎていきました。

[乾杯!オンライン懇親会のスタート!]

<終わりに>

開催したイベントごとの再生リスト(Youtubeチャンネル)タイムテーブルからのリンクを作成しましたので、当日参加できなかった方は、ぜひ動画配信でお楽しみください。

次のイベント開催は、10/28(金)-29日(土)の「OSCオンラインFall」です。
参加登録はこちらから(connpass)

皆様のご参加をお待ちしています。

■今後の開催スケジュール
https://www.ospn.jp/

開発者向けイベント「ODCオンライン」開催レポート
〜今年もLLイベントと同時開催〜

開発者向けイベント「ODCオンライン」開催レポート
〜今年もLLイベントと同時開催〜 は
コメントを受け付けていません

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年9月3日(土)「オープンデベロッパーズカンファレンス2022 Online」が開催され、開発をテーマとしたイベントを実施しました。今年も、1トラックを使って「Learn Languages 2022(LLイベント)」が同時開催され、さまざまな言語について発表がありました。

<開催のまとめ>

開催日:2022年9月3日(土)
会場 :オンライン(Zoom/YouTubeチャンネル)

タイムテーブル
3トラック(18セッション)+ライトニングトーク(1コマ)+LLイベント(5セッション)

→ Twitter(ハッシュタグ タイムライン #opendevcon
→ セミナー動画(タイムテーブル形式
→ セミナー資料(まとめページ

<参加者の声(申込時のアンケートより)>

– ODCへの参加は初です。ソースコードを書かないおじさんになってしまったので、まずは 自前のコード作成から再開します。来年前半くらいには技術同人誌の出版も念頭に入れております。

– 興味のある技術領域の範囲が広がるようなイベントになると良いと思っています。

– Microsoft Power Platformローコード開発が読みたいです!

– ヤギのさくらちゃんのTwitterから知りました!楽しみにしてます!


今回のアンケート回答者の中から抽選でプレゼントされた書籍です。当選者の方おめでとうございます!

いちばんやさしい新しいサーバーの教本
OSSライセンスを正しく理解するための本
オープンソースの教科書
AIファースト・ヘルスケア
Microsoft Power Platformローコード開発[活用]入門――現場で使える業務アプリのレシピ集(電子版)
TypeScriptとReact/Next.jsでつくる 実践Webアプリケーション開発(電子版)
・同人誌セット(技書博モウフカブール親方Project

<セミナー>

ODCとLLイベントで、合わせて23セッションがZoomとYouTubeでライブ配信されました。
参加できなかった方は、動画のアーカイブでお楽しみいただけます。
→タイムテーブルと動画へのリンク

「Learn Languages 2022」の同時開催

「Learn Languages 2022」、通称LLイベントをODCの中で開催しました。LLイベントは、さまざまなプログラミング言語について学びたい技術者のためのイベントです。今年は「第2プログラミング言語への招待」と題して、5つの言語の紹介セッションを実施しました。取り上げた言語は、Elm、Object Pascal、Processing、Scratch、SQLです。それぞれのセミナー動画がOSPNのYouTubeに掲載されています。いずれも言語に興味を持ってもらえる内容になっています。ぜひご覧ください。
また、LLイベントについては公式ウェブサイトをご覧ください。(法林/LLイベント スタッフ)

→ LLイベントのセッション再生リスト(YouTube)

Twiiterでの感想

セミナーの感想などは、Twitterでもたくさんツイートされていますので、ぜひご覧ください。
ODCのハッシュタグ #opendevcon のタイムライン
LLイベントのハッシュタグ #ll2022jp のタイムライン

セミナー動画ピックアップ!

以下に、セミナーを実施した講師、聴講していたスタッフから、セミナーのポイントや聴講した感想を紹介しています。アーカイブ動画を見る際の参考にしてください。

サポート延長の方法いろいろ/みんな大好きPHPとZendのサービス

担当:コネクト株式会社
講師:佐藤 栄一(コネクト株式会社)

OSSを長くご利用いただくためのEOL回避方法を簡単にご説明しました。PHPユーザでしたら、ZendPHPがお勧めで詳しくご説明しています。
後半は、Cloud/コンテナ/オーケストレーション全盛時代のPHP実行トレースおよび監視を簡単/手軽に提供するZendHQの紹介とデモです。デモ時の文字出力が小さいので、デモの際は全画面で鑑賞ください。スタッフの皆さんのおかげで、オンラインでもスムーズに運びました。(講師 佐藤/コネクト株式会社)

JDKトラブルシューティング方法と事例紹介

担当:NTTコムウェア株式会社
講師:坂本 翔平・坂本 統
  (技術企画部技術SE部門オープンソーステクノロジセンタ所属)

本セミナーでは Java 実行環境である OpenJDK レイヤにフォーカスしたトラブルシューティング方法とその事例を紹介しています。Java アプリケーション開発者の方で OutOfMemoryError や Java プロセスクラッシュに対する解析について初心者の方向けに参考となる情報をまとめました。
またトラブル事例では中級者以上の方にも参考になる様に少し珍しい事例を取り上げています。皆様の Java システム開発におけるトラブルシューティングの一助となることができれば幸いです。
(講師 坂本 統/NTTコムウェア株式会社)

自作プログラムにどのライセンスを付ける? ~ライセンスの選択方法

担当:NEC
講師:姉崎 章博(NEC OSS推進センター)

開発者だとよく悩むソフトウェアライセンスについて、基礎的なところから図解を用いつつ、わかりやすく解説されていました。複数あるライセンスのうち、分類やフローチャートをはじめとする図解を利用して解説されていました。 開発者向けに改修したパターンや付与するときの注意事項など具体的な事例も交えつつわかりやすく解説されており、配布するときにライセンス条項を入れることなど改めて意識が必要だと感じました。
(スタッフ おおすぎ)

初心者のためのKubernates入門 〜K8sのスキルをキャリアに活かそう〜

担当:The Linux Foundation
講師:柴田 次一(The Linux Foundation Japan)

最近のインフラ構成などではよく聞かれている Kubernates ですが、コンテナの成り立ちや歴史、基本的なところから利用するメリット、活用されている理由まで様々なことを話されていました。キャリアにその技術がどのように活かせるのか、ということも含めて話されていました。(スタッフ おおすぎ)

技術同人誌のススメ ー読もう!書こう!参加しよう!ー

担当:技術書同人誌博覧会
講師:おやかた(技書博 副代表/親方Project)

技術を学ぶ上で、体系だって学ぼうとすると本を活用することが多いですが、技術同人誌と商業誌の比較や、ブログなど多媒体との比較なども行われていました。直売・対面でできるからこその同人誌の良さや、自分自身のスキルアップなどにも役に立つのではないかなと思いました。後半では技術同人誌を書くために必要とされるやり方や方法、ポイントについて話されており、興味ある人の始めの一歩になるのではないでしょうか。
(スタッフ おおすぎ)

baserCMSのデベロッパーはどんなことしてる? ★開発環境、ツールや開発中ucmitzとは?!

担当:baserCMSユーザー会
講師:中村 元気・コアデベロッパー

レポーターとしてはbaserCMSはOSCにいつもいらっしゃるなという印象だけであまり関連がなかったのですが、非常に興味深いお話が聞けました。例えばなぜフレームワークにCakePHPを使っているかということとCahePHP4がいかにすばらしいフレームワークであるかということ、テストはユニットテストで全メソッドをカバーする勢いで書いていること、開発はDockerコンテナでみんな足並みをそろえて取り組んでいること、脆弱性についてはスポンサーとしてVAddyというフレームワークを用いて定期的にスキャンを実施していること、などが印象的でした。(スタッフ おがさわら)

<懇親会>

お馴染みのオンライン懇親会は、乾杯でスタートです。
複数のブレイクアウトルームに分かれて、いろんなお話をしていただきました!

[乾杯!オンライン懇親会のスタート!]

<終わりに>

開催したイベントごとの再生リスト(Youtubeチャンネル)タイムテーブルからのリンクを作成しましたので、当日参加できなかった方は、ぜひ動画配信でお楽しみください。

次のイベント開催は、10/1(土)の「OSCオンライン広島」です。
参加登録はこちらから(connpass)

皆様のご参加をお待ちしています。

■今後の開催スケジュール
https://www.ospn.jp/

OSCオンライン京都 開催レポート
〜リアル会場から配信した学生企画は動画アーカイブで!〜

OSCオンライン京都 開催レポート
〜リアル会場から配信した学生企画は動画アーカイブで!〜 は
コメントを受け付けていません

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年7月29日-30日(土)「オープンソースカンファレンス2022 Online/Kyoto」が開催され、セミナー、ミーティングの他、京都企画、出展者の独自企画を実施しました。
今回も京都リサーチパーク主催の「KRPフェス2022」に参加しました。

<開催のまとめ>

開催日:2022年7月29日(金)〜30日(土)
会場 :オンライン(Zoom/YouTubeチャンネル)

タイムテーブル
1日目 2トラック、12セッション+2独自企画
2日目 5トラック、20セッション+地元企画+1独自企画+2LT

→ Twitterハッシュタグタイムライン:#osckyoto
→ セミナー動画(タイムテーブル形式 1日目2日目
→ セミナー資料(まとめページ

<参加者の声(事前のアンケートより)>


– 一人で種々調べ、悩んでおりますので、少しでもヒントになるものがあればと思って参加します。
– 学生企画のみオフラインなど、新たな取り組みがあってよかったですね!
– 来年こそはオフラインで開催できることを願ってます
– 毎月開催ありがとうございます。楽しいです。
– いつも楽しいひと時をありがとうございます。
– 実際の会場に足を運んで人と話すことができなくなったのがやはり残念です。また会場でのイベントやってほしいです。


今回のアンケート回答者の中から抽選でプレゼントされた書籍です。当選者の方おめでとうございます!

いちばんやさしい新しいサーバーの教本
OSSライセンスを正しく理解するための本
オープンソースの教科書
・同人誌セット(技書博モウフカブール親方Project
認証と認可 Keycloak入門
Scratchであそぶ機械学習
はじめるNotion 使いかたを自由にデザインするための、基本、コツ、アイデア
5さいからのプログラミングえほん
事業分析・データ設計のためのモデル作成技術入門
最短突破 LinuCレベル1 バージョン10.0 合格教本[101試験,102試験対応]

<セミナー>

32セッション、学生企画、LT、独自企画がZoomとYouTubeでライブ配信されました。

OSC京都ローカルスタッフ有志一同による学生企画のみ、リアルな会場で実施・配信されました。
地元の会場からの配信は、2020年4月にオンライン開催に切り替えて以来、初めての試みでした。
OSC京都の会場としてお馴染みの「京都リサーチパーク」で学生とゲストで以下のセッションが行われ、LTやインタビューなど、会場の雰囲気も伝わる楽しい企画になりました。

【学生企画】自己紹介ライトニングトーク大会
【学生企画:2コマ連続】学生から社会人にインタビュー 〜その道のツウに聞いてみた〜
【学生企画】学生だけどなんか質問ある?みんな集まれ、愉快な学生のQ&Aコーナー

学生企画のアーカイブ動画

こちらの「OSC2022オンライン京都:学生企画の再生リスト」にまとめていますので、アクセスしてご覧ください!

学生企画の担当者とゲスト登壇者のコメント

・「動画で自分自身について話す機会が初めてだったため、非常に緊張しましたが無事にイベントを終えられて良かったです。」(京都女子大学/上續)

・「スタッフとゲストだけとは言え現地に集まってのOSC参加は3年ぶりで,学生たちは頼るべき先輩もいない(頼りない教員がいるだけw)中でよくがんばってくれたと思います.OICの人たちと協力してイベントを運営したことが彼女たちにとって良い経験となれば,と祈っています.支えてくださった皆さんに感謝します.」
(京都女子大学 教員/宮下)

・「(自称)その道のツウとしてお呼ばれして何年かぶりにKRPに行けました!リモートだと相手の反応が見えなくていまいちノれませんが、今回は会場で学生さんと登壇者間の双方向・リアルタイムなリアクションがあって、やっぱりリアルイベントは楽しいなあと改めて感じました。ボケとツッコミはリアルタイム性が命!」
(インタビュー1のゲスト木村さんより)

・「自分からなにか企画することや自分が主体になり行動することがなかったのでとてもいい経験になりました。」(京都女子大学/森井)

・「初めての他校との協同ということもあり、緊張や不安もありましたがそれ以上の経験をすることができ、私にとってはとても良い勉強になりました。」(大阪情報コンピュータ専門学校/長道)

・「このようなイベントに参加させていただくのはとても光栄なことで、学生インタビューやライトニングトークは私の中でも凄く良い刺激になりました。」(大阪情報コンピュータ専門学校/吉田)

Twiiterでの感想

セミナーの感想などは、Twitterでもたくさんツイートされていますので、ぜひご覧ください。
ハッシュタグ #osckyoto のタイムライン

おすすめセミナー動画

セミナーを実施した講師から、セミナーのポイントを紹介します。
アーカイブ動画を見る際に参考にしてください。

【MTG】NetBSDのご紹介

担当:日本NetBSDユーザーグループ
講師:蛯原 純(The NetBSD Project/developer)

2011年以来、OSC京都の展示にはご当地OMRONのワークステーションLUNAを中心に展示してきました。
今回はエミュレータnono上でオムロンのワークステーション LUNA-88K用のNetBSD実装であるNetBSD/luna88k の起動テストを行っています。
かつて日本語変換技術開発/海外でのBSD&MACH移植に利用されたワークステーションをエミュレータ上で再現し、コンパイラのサポートが止まった歴史的遺産となるCPUについて、最新の知見をどのように適用し、新しい解釈と存在する意味をあたえていけるのか考え中です。(講師:日本NetBSDユーザーグループ 蛯原)

データベースエンジニアのための、MySQL HeatWave MLによる機械学習入門

担当:MySQL Community Team (Oracle Corporation)
講師:山﨑 由章(MySQL Community Team (Oracle Corporation))

MySQLを拡張してオラクルクラウド上で提供している MySQL HeatWave Database Service に新しく機械学習機能が追加されました。この機能を使うと、MySQLだけで機械学習のモデル生成や推論、説明などを実現でき、データベースエンジニアの方が手軽に機会学習を活用できます。このセッションでは、機械学習の概要を説明した後に、MySQL HeatWave ML(Machine Language)でどんなことができるのかを説明しました。データベースエンジニアの方が機会学習に興味を持つきっかけとしても、活用して頂ければ幸いです。
(講師:MySQL Community Team (Oracle Corporation)山﨑)

<懇親会>

オンライン懇親会は、乾杯でスタートです。今回の開催について話したり、会場で実施していた時の思い出話をしたり、講演された方も混ざって様々な交流が行われました。

[乾杯!オンライン懇親会のスタート!]

コロナ以前のOSC京都では、京都タワーのビアガーデンで懇親会をしたことがありました。現地で企画に参加したメンバーから「またいつかココでみんなと打ち上げしたいですね」と写真が送られてきました!

<終わりに>

開催したオンラインイベントごとの再生リスト(Youtubeチャンネル)タイムテーブルからのリンク(1日目)(2日目)を作成しましたので、当日参加できなかった方は、ぜひ動画配信でお楽しみください。

今後の開催は、8/28(日)の「OSCオンライン山口」(LT形式)
9/3(土)の「オープンデベロッパーズカンファレンス(ODC)オンライン」です。
参加登録はこちらから(connpass)

皆様のご参加をお待ちしています。

■今後の開催スケジュール
https://www.ospn.jp/

Older Entries