OSC2019始動!「OSC大阪」無事に終了しました!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月25日(金)、26日(土)に2019年最初のOSC、「OSC2019 Osaka」が開催されました。
今回は、OSC大阪実行委員の末廣、はやし、OSC事務局がイベントの様子をレポートします。

開催日 :2019年1月25日(金)-26日(土)
会場  :大阪産業創造館(3F、4F、5F)
展示  :37ブース(協賛社15、後援4団体、コミュニティ28団体)
セミナー:1日目:1トラック(5セッション)
     2日目:5トラック(33セッション+ライトニングトーク)
来場者数:1日目:約50名、2日目:約300名、合計:約350名
Twitter :#osc19os
展示一覧
セミナープログラム(1日目)
セミナープログラム(2日目)

=1日目セミナー=

1日目は13:00から5つのセミナー講演がありました。
1つの部屋で開催されたので、全てのセミナーを通しで聴くことが可能です。

▼セミナーの様子

別の部屋では、イベントスタッフが資料配布セット作成など翌日の準備をすすめています。各開催のOSCではイベントスタッフを募集しています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

=開催2日目=

2日目は展示、セミナーの出展者が多く、スタンプラリー、セルフハンズオンなど特別企画も盛りだくさんで活気があります。

=展示=

今回は37団体がブース出展しました。一部を写真で紹介します。

▼スポンサー展示の様子

▼コミュニティ展示の様子
コミュニティについては、実行委員の末廣がお送り致します。
たくさんのブース出展の中、一部のブースを紹介させていただきます。


▼Future Versatile Group/MyDNS.JP(左)
いつもサポーターありがとうございます!

▼Hacker Jr(中央)
懐かしのハードウェアを色々展示頂きました。
終わり間際にはハードウェアの修理実演も!

▼Japanese Raspberry Pi Users Group(右)
今回はラズパイでLEDパネルを展示されておりました。
セルフハンズオンとコラボしたら良かったかな~。


▼Lagopus Users Community(左)
一家に一台、ルータを自分で設計して遊びましょう!

▼LEGO Mindstormsで遊ぼう! (中央)
プログラミング教育も含め、ものづくりの楽しさをLEGOで体験~。

▼mikutter(右)
色々ておくれている感じです。(←最上級の誉め言葉)


▼Netpbm(左)
過去のセミナー(論語とコンピュータなど)のお話なども含め、技術者としての教養、非常に示唆に富んだお話をお聞かせいただきました!良い大人になりたいです。

▼OpenStreetMap(中央)
オープンデータに楽しく関わりながら、健康になれるかも??
皆様も是非マッピングパーティへご参加ください!

▼PepoLinux(右)
IoTで生活を便利に!


▼日本NetBSDユーザーグループ(左)
BSDな皆さんは毎回ておくれてます。(最上級の誉め言葉です!)
X68030が現役で動作しています!

▼富士通マイクロを研究する会(中央)
35年以上前のコンピュータを改造して、Flashストレージを使えるように!
当時からコンピュータに触れていたオッサンには非常に懐かしい画面が。。。(オッサンホイホイ)

▼レトロPCを愛でる会(右)
こちらもオッサンホイホイコーナー。


▼Ejectコマンドユーザー会
今回は体調不良との事で、急遽リモート展示をして頂きました。(日本初?!)
きちんと遠隔Ejectが中継されました!

=セミナー=

2日目のセミナーは5会場で33のセッションが行われました。

「ITエンジニアも誤解している、2020年から始まる小学校プログラミング教育の話」
「現役高校生が考えるIT教育とプログラミング教育に求められるもの」

こちらの2つのセミナーは、2020年からの子どものプログラミング教育がテーマとなっており、関心が高く非常に盛況でした。

「ナミビア人が日本でLibreOfficeの活動して感じたこと/LibreOffice 6.2のリリースノートを読む」

LibreOfficeのTomasさんによる英語のセッションは、聴講者も熱心な様子で参加されていました。

また、大阪では初めて実施となったキャリアセミナーは、技術的な話ではありませんが、どのセッションもたくさんの参加者が入っていました。

▼セミナーの様子


=セルフハンズオン=
「Raspberry PiでLED信号を光らせよう」

用意された環境と手順書に従って、自分のペースで進める形式のハンズオンスペースを用意しました。盛況だったので、2月のOSC東京でも実施することが決定!


=スタンプラリー&アンケートのくじ引き=

展示会場内ではスタンプラリーも開催されました。ブースで話を聞きながらスタンプを集めると、ゴールで特製グッズをもらえます。また、来場者アンケートを提出するとくじ引きに挑戦できます!

=ライトニングトーク&閉会式=

飛び入り参加が多数となったライトニングトークのあと、実行委員のはやしさんより、閉会の挨拶がありました。

=懇親会=
(OSC大阪実行委員のはやしです。)
OSC終了後は、堺筋本町駅近くのレンストラン「じぇいず」で懇親会が開催されました。すごく寒い中、OSC会場の大阪産業創造館から、懇親会会場まで移動しました。
「まいパパ」こと宗近さんの乾杯の音頭で懇親会がスタート!お料理は、パニックにならないよう年代順に取るというルールが設定されました。

その後しばらくは、歓談タイム。
個人的には、Mastodonのイベントをやろう!という話で盛り上がれたのが収穫でした。


途中からは、伊藤さん恒例のノベルティじゃんけん大会があり、その後、懇親会LT大会が始まりました。かなりぶっ飛んだ内容も多く、ここで多くは語れないのが残念です(^^;
今回初めてOSCに参加した、という方も驚かれていました。

最後は、宮原さんの鉄板ネタ(?)「宴も高輪ゲートウェイ」(笑)で、和やかな雰囲気の中、一本締めでお開きとなりました。

さいごに・・・
OSC2019はOSC大阪でスタートを切りました!
1月の寒い中の開催でしたが、多くの方にご来場いただきありがとうございました。
関西・全国からの出展コミュニティ、スポンサーの皆さま、OSC大阪を盛り上げていただきありがとうございました。
これから全国で開催してまいりますので、ぜひ他の地域のOSCにも足をお運びください!(OSC事務局)

「第6回 OSCアワード」受賞者のお知らせ

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月1日
OSCアワード実行委員会

       「第6回 OSCアワード」受賞者のお知らせ

オープンソースカンファレンスは2004年9月の開催以来、全国各地で開催を
重ね、通算160回以上を開催して参りました。
そして、2014年2月の第100回開催を記念して、これまでのOSC開催に多大な
貢献をされた方を表彰する「OSCアワード」を設立し、過去に5回の表彰を
しています。

この度、「OSC2019 Tokyo/Spring」の開催に合わせまして、以下の団体と
個人を「第6回 OSCアワード」受賞者として選定いたしましたので、
ここにお知らせいたします。

授賞式は2月23日(土) 16時10分より、「OSC2019 Tokyo/Spring」の、
【1F-103教室】ライトニングトーク&第6回OSCアワード授賞式&閉会式
プログラム内にて行います。
ぜひとも皆様のご出席をお願いいたします。

More

「OSC2018 .Enterprise」今年もOSCの締めは渋谷開催のこのイベントでした!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月14日(金)に「OSC2018.Enterprise」を東京・渋谷で開催しました。
フォトレポートをお届けします。

開催のまとめ

■日時:2018年12月14日(金)
■会場:TKP渋谷カンファレンスセンター
■セミナー・・・ 31セッション (セミナー一覧
■展 示・・・・ 31ブース (展示一覧
■来場者数・・・ 約300名
■Twitter・・・・ タイムライン(#osc18ep)
■資料公開・・・こちらからダウンロードしていただけます

「OSC.Enterprise」の渋谷での開催は6回目。
春と秋開催のOSC Tokyoは、企業以外のコミュニティ団体に多く参加いただいているイベントですが、『.Enterprise』はタイトルの通り「エンタープライズ分野におけるOSS利用」をテーマとしており、OSSをビジネスとして活用している企業や団体を中心に出展をいただいています。今回も平日の昼間&渋谷駅至近の会場での開催となりました!

More

今年で12回目の開催!
OSC2018 Fukuoka無事に終了しました

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月8日(土)にOSC2018 Fukuokaが開催されました。
会場は福岡SRP(ソフトリサーチパーク) センタービルでした。
SRPでの開催は2016年以来2年ぶりです。

今回はOSC事務局が写真レポートでお届けします。

日時:2018年12⽉8⽇(⼟)
会場:福岡ソフトリサーチパーク センタービル 2F
セミナー:36コマ(+ライトニングトーク)
ブース:37ブース
来場者数:約380名
Twitterハッシュタグ:#osc18fk
展示一覧
セミナープログラム

=前日準備=

前日は会場内の貼り紙や、配布資料セットをみんなで準備しました。
準備の後は、前夜祭でもつ鍋と餃子を堪能し、明日の本番に備えました。

みんなで配布資料作り!

=展示=

37団体のブースが並んだ展示会場。

熱心に話し込んでいる姿があちこちに見られました!




Photo by: tishimoto

=セミナー=

朝一から立ち見がでるほど賑わっていたセミナー会場。

▼セミナーの様子


Photo by: tishimoto


=ハンズオン=

10時から17時まで色々な内容のハンズオンセミナーが、
1FのSRP Open Innovation Labで行われました。
少人数制での開催だったので、集中して参加できたのではないでしょうか。

=ライトニングトーク=

5名のエントリーがあったライトニングトーク
英語での発表もあり、国際色豊かなLTでした!


=懇親会=

約55名が参加した懇親会。
展示会場のレイアウトを変更して、懇親会会場となりました。
お刺身からサンドイッチと和から洋まで幅広く、美味しい料理がたくさんありました。

 Photo by: tishimoto

かんぱーい!

Photo by: tishimoto

さいごに・・・

OSC2018 Fukuoka実行委員長の坂本さんより今年の開催について一言いただきました。

OSC福岡開催にご協力いただいた皆さま、ご来場いただいた皆さま、
ありがとうございました!
皆さまのおかげでOSC2018 Fukuokaを無事に終了することができました。
来年も開催したいと思いますので、今年参加できなかった方も、
来年は是非ご参加ください!

11回目の開催!OSC2018 Shimane!!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月23日(金/祝)勤労感謝の日にオープンソースカンファレンス2018 Shimane
開催しました。場所は昨年と同じ、松江駅前にある「松江テルサ」。
大会議室での各種セミナーコンテンツを軸に、11月にリニューアル工事が完了した
松江オープンソースラボを含む2会場で展示ブースを出しました。

日時:2018年11月23日(金/祝)
会場:松江テルサ
セミナー:17セッション(基調講演含む)
展示:19ブース
来場者:約100名
ハッシュタグ:#osc18sm
セミナープログラム
展示一覧

前日準備から当日の会場の様子、セミナー・展示の内容を
OSC2018 Shimane実行委員の田窪がレポートします。

=前日準備=
前日は夕方から運営スタッフが松江オープンソースラボに集合し、
来場者へお渡しする配布物の準備をしました。

翌日に控えるカンファレンス当日に向けて、必要事項の最終確認を行い、
前日準備は終了しました。

=開催当日=
スタッフ集合後、木村実行委員長から改めて当日の流れの説明があり、
会場設営、受付、映像配信等々、それぞれ持ち場での準備が始まります。



準備が整い、受付開始です。

そしていよいよイベントがスタート。
今年の司会は島根県職員の前田さんと、松江市職員の周藤さんです。
お二人のさわやかな挨拶とともに会が始まりました。

セミナー会場では、順次プログラムが進み、途中、今回のOSC島根の
イベントポスターを制作したデザイナーさんのご紹介や、ライトニングトークを
挟みながら、終始実りのある楽しい時間が流れました。

展示会場は、毎年出展いただく常連の方から初出展の学生さんまで、
年齢層も展示物もバリエーションに富んだ内容になりました。
こちらも終始盛り上がりを見せました。


=セミナー=

●基調講演『迅速なA/Bテストを促進するProctorとIndeedのOSS貢献』
担当:Indeed Japan株式会社 
講師:Product Manager ナサニエル ハインリックス 氏

『MyDNS.JPで簡単取得!ワイルドカードサーバー証明書』
担当:Future Versatile Group / MyDNS.JP
講師:蕪木 岳志

『論語とコンピュータ』
担当:Netpbm
講師:漆畑 晶

『NetBSDのご紹介』
担当:日本NetBSDユーザーグループ
講師:蛯原 純

『Redmineの開発に参加しはじめてからの1年半を振り返る』
担当:ファーエンドテクノロジー株式会社  
講師:⽯川 瑞希

『Re:VIEW を使ってみたらなかなか良かった
 ~Re:VIEW を利用したドキュメント作成システムの構築~』
担当:ミラクル・リナックス (サイバートラスト株式会社) 松江ラボ  
講師:岸 颯太

『Ruby でできていると言っても過言ではない
 Linux ディストリビューション — openSUSE』
担当:日本 openSUSE ユーザ会  
講師:武山 文信

『オープンソースを活用した医用画像読影支援の開発と今後の応用展開について』
担当:特定非営利活動法人オープンソースソフトウェア協会  
講師:健山 智子

『Git超入門/プログラミングでドローンを飛ばそう/ラズパイオーディオ入門』
担当:日本仮想化技術株式会社/株式会社びぎねっと/ラズパイオーディオの会  
講師:宮原 徹

『スモウルビー・プログラミング甲子園のご紹介』<ランチタイムセッション>
担当:スモウルビー・プログラミング甲子園開催実行委員会  
講師:黒谷 明大

『Androidで動くUnix』
講師:持田 修司

『モノが喋る!?ドコモのAIエージェント基盤を使って新しい世界を切り拓く 』
担当:NTTドコモ  
講師:秋永 和計

『富士通SSLが対応したOSSプロフェッショナルサービス事例』
担当:株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  
講師:小笠原 淳

『東北公益文科大学とOSS ~まちづくりや地域福祉、産業振興に活かすには~』
担当:東北公益文科大学  
講師:三浦 彰人

『小江戸らぐのような勉強会の重要性』
担当:小江戸らぐ  
講師:稲葉 一彦(ナバウア)

『webアプリケーション開発におけるbaserCMSの活用方法』
担当:NPO法人ベーサーファウンデーション  
講師:滝下 真玄

『エンジニア100人に聞きました──OSC 2018編』
担当:サイボウズ株式会社  
講師:風穴 江

最後はライトニングトークです!

毎年注目のドラ娘ですが、今年は松江市の国際交流員のアールディー・ダースさん
(インド出身)に務めていただき、国際色豊かなLTとなりました。

=展示ブース=

■Endian Firewall Community Japan / Cobalt Users Group/Project BlueQuartz
オープンソースUTM「Endian firewall」の紹介とデモ /BlueQuartzのデモと説明

■日本NetBSDユーザーグループ
UNIX-like OS NetBSDが動作するマシンの展示

■Future Versatile Group / MyDNS.JP
MyDNS.JPやBan4ipの紹介など

■Netpbm
Netpbmによる画像処理/UNIX GNU Linuxの歴史/
海外の開発者への礼状作成翻訳の支援

■NPO法人ベーサーファウンデーション
国産CMS「baserCMS」の展示・紹介

■株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
OSSプロフェッショナルサービス/サポートサービスご紹介

■小江戸らぐ
同人誌LinuxUserの展示とご案内のちらしの展示など

■日本 openSUSE ユーザ会
Linux ディストリビューション/openSUSE のデモ

■東北公益文科大学
東北公益文科大学の研究プロジェクトにて開発され、
オープンソースソフトウェアとして公開されているプロダクトの展示

■みなも
OSSのファームウェア(QMK)を利用した自作キーボードの展示

■スモウルビー・プログラミング甲子園開催実行委員会
スモウルビー・プログラミング甲子園のご紹介

■株式会社びぎねっと / ラズパイオーディオの会
プログラミングで飛ばすドローンの実演/ラズパイオーディオの紹介

■NTTドコモ
音声対話システムを自社のサービスに投入する際に使える基盤の紹介、デモ

■松江工業高等専門学校 情報工学科
学生の作成したプログラムの展示

■サイボウズ株式会社
サイボウズのOSSの紹介

■ミラクル・リナックス(サイバートラスト株式会社)松江ラボ
OSS技術を用いた製品の展示/セミナー講演内容のデモ

■ファーエンドテクノロジー株式会社
RedmineおよびRedmineのクラウドサービス

■特定非営利活動法人オープンソースソフトウェア協会
団体パンフレット等の配布

■公益財団法人しまね産業振興財団しまねソフト研究開発センター(ITOC)
VR/AR機器の紹介 体験

=閉会挨拶=
予定していたプログラムがすべて無事終了し、木村実行委員長による閉会の挨拶です。
参加者のみなさまから「来年もまた来たい!」という温かい拍手をいただき、
その場で来年の開催が決定しました。

=懇親会=
イベント終了後は、懇親会でさらに参加者同士の親睦を深めました。
豪華景品がもらえるじゃんけん大会で大盛り上がりでした。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
スタッフ一同、また来年もお待ちしております!!

Older Entries