今回で6回目!OSunC 2018 川越!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースカンファレンス(OSC)のスピンオフ企画として全国各地で
開かれているオープンソースアンカンファレンス(OSunC)。
今年も4月に川越で開催されました。

オープンソースアンカンファレンス川越 2018
 日時:2018年4月14日(土) 13:30〜16:30
 会場:東上パールビルヂング地下1階 第一バンケットホール
 参加者:46名(受付での参加実数)
 主催:オープンソースカンファレンス実行委員会
 共催:小江戸らぐ(小江戸 Linux Users’ Group)


今回も共催は小江戸らぐです。小江戸らぐでは2002年から月1のペースで
Linuxメインのゆるい勉強会を開いています。
興味のあるかたは小江戸らぐの勉強会にも是非ご参加ください!

■ 会場設営
設営は主に小江戸らぐの有志メンバーが中心になって行いました。
午前10時に川越駅そばのスターバックスコーヒールミネ川越店の
入り口傍の長いテーブルに集合。手慣れたもので、当日の諸注意と
分担を決めて準備にとりかかりました。

買い出し班は、買い出し先の方向に合わせて3班に分かれて買い出ししました。

川越駅前や観光エリアには、自転車シェアリングが整備されています。

川越のディスカウントストア、ロヂャースにプラコップなど雑貨を買い出し

地元のスーパー、ヤオコーUNICUS店へ野菜サラダやコロッケを買い出し

江戸時代のような建物が並ぶ小江戸川越への買い出し班の様子

乾物屋さん

川越やきそばの「まことや」さん

その頃、会場では設営作業です。
準備中ですが、もう飲み始めている人たち

ビールサーバも準備します

差し入れのお酒です。沢山いただきました!

お菓子なども差し入れされました。

■ 録画の準備
各自、持っている機材を持ち寄り、毎年録画しています。
事前に配線図を書いて準備、そして現地に設置していきます。

これで録画した映像は下記から見ることができる予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCEPkrGMghsXnoG1LffgjMJg

■ OSunC2018 川越の開幕
今回はOSunC川越の幹事の吉田さんの諸注意、
そして音頭をとって乾杯が行われました。

乾杯の後、まずは恒例の小江戸らぐの紹介と、この1年の振り返りから始まりました。

さて、ここからが本番(ライトニングトーク)の始まりです。
いくつか発表を紹介していきます。

榎本さん「これまでのFLOSS活動と、これから」

大神さん「x86_64向け自作OSの紹介」

えびはらさん「川越よ私は帰ってきたOSC2018NetBSDブースの展望」

やまねひできさん「DebConf18のおさそい」

Daniel Sangorrinさん「ファミコンエミュレータで ゲームプログラミング」

みやはらさん「ラズパイオーディオで学ぶLinuxシステム構築」

三浦さん「State of the Map Japan 2018」

橋本(鹿)さん「東海道らぐの紹介 2018」

池田 百合子さん「屋外ジンギスカンパーティ「J2」を知ってる?」

大西さん「特殊ファイルを堪能する」

ごうこさん「CockroachDB 2.0 Now Avaiable」

■ 会場の様子
会場の後ろには食べ物が並べられ、自由に食べ飲みしています。

会場には今年もビールサーバーをはじめ、東松山名物「焼きとん」や川越名物
「太麺焼きそば」ヤオコーで買ってきたポテトサラダやコロッケ、キャベツなどが
用意されました。キャベツは焼きとんの味噌と合わせて食べてもおいしいです。

今年はコップと食べ物を一緒に運べるコンボトレーを参加者に配布しました。
便利に運べて好評でした。

買い出して来た「まめ屋」の豆です。

■ 記念撮影
最後に参加者全員で記念撮影をしました。

■ あとがき
ゆるさが取り柄のOSunC川越も回を重ね6回となり、
みなさまに支えられながら、今年も無事に開催することができました。
ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

=========================
OSunC川越2018 スタッフ一同
=========================

Comments are closed.