[特別インタビュー]OSC東京(9/9-10) 出展者の紹介やセミナー・展示の見どころ紹介!

No Comments
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月9日、10日に東京・日野市の明星大学で「OSC2017 Tokyo/Fall(OSC東京)」を開催します。今回は、OSC東京に出展される企業とコミュニティ団体の担当者の方にお話を伺いました。展示やセミナーの見どころを紹介いただいた他、ご来場予定の方へのメッセージもありますので、ぜひご覧ください。

ご来場の際には、それぞれのブースやセミナーに参加していただき、ブログのインタビュー記事を見ました!と声をかけてみてください。


日程:2017年9月9日(土) 10:00-18:00(展示は11:00~17:00)
        10日(土) 10:00-17:30(展示は10:00~16:00)
会場:明星大学 日野キャンパス 28号館 [OSC受付:2Fロビー]
   (多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から直結。会場まで徒歩6分) 
費用:無料
内容:オープンソースに関する最新情報の提供
   ・展示 – オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
   ・セミナー – オープンソースの最新情報を提供

→ OSC2017 Tokyo/Fallイベントトップページ
→ 展示ブース一覧
→ セミナータイムテーブル(1日目)
→ セミナータイムテーブル(2日目)
→ 公式Twitterアカウント(@OSC_official)
ハッシュタグ:osc17tk


■出展者に聞いてみました!

Q:OSC参加歴は?
Q:参加のきっかけ、理由は?
Q:OSCに参加しての印象は?
Q:今回の見どころは?
→ ご来場予定の方にひと言!

■お話をおうかがいした出展企業・コミュニティ団体

株式会社ウェブチップス
Oracle Corporation (MySQL Community Team)
フューチャーアーキテクト株式会社
Linux-HA Japan Project
株式会社 デージーネット


 

 

株式会社ウェブチップス
http://ss-proj.org/

Q:OSC参加歴は?
A:2014年より各地のOSCに参加しています。

Q:参加のきっかけは?
A:「シラサギ」を多くの方に知っていただき、さらに活用していただくために、OSCに参加して紹介しよう思ったのがきっかけです。

Q:OSCに参加しての印象は?
A:開発者やユーザー、企業、学生などOSSに関係する幅広い方が参加されており、非常に活気あるイベントです。

Q:今回の見どころは?
A:「シラサギ」は、Ruby、Ruby on Rails、MongoDBで動作する中・大規模サイト向けCMSです。特徴の1つとしてマルチテナントに対応しているため1システムで複数のサイトを運用できます。

セミナー(1日目 13:00〜)ではこのマルチテナントの活用方法に加え、シラサギの持っている多様なCMS機能、複数の県に導入実績を持つオープンデータ機能、同パッケージに組み込まれている、グループウェア、Webメールもご紹介します。

ご来場予定の方にひと言!
CMSやグループウェア、Webメールにご興味のある方は是非、ウェブチップスのブース、セミナーへお立ち寄りください。

http://ss-proj.org/

 

Oracle Corporation (MySQL Community Team)
http://www-jp.mysql.com/

Q:OSC参加歴は?
A:「オープンソースカンファレンス2008 Tokyo/Fall」から毎年、複数回参加しています。OSCに参加し始めた当時は、サン・マイクロシステムズ株式会社のソフトウェア部門として出展していました。

Q:OSCに参加したきっかけは?
A:オープンソースコミュニティへの貢献の一環、ならびに製品の開発動向をご紹介させていただく機会として、OSCのイベントに参加することにしました。

Q:OSCに参加しての印象は?
A:PostgreSQLなどのオープンソースデータベースのユーザーグループ間での交流が活発なので、OSCに参加することで色々な情報交換ができています。

Q:今回の見どころは?
A:ブース展示とセミナー開催を予定しています。
セミナー(1日目17:15〜)では、現在開発中のMySQL 8.0の新機能、MySQLの新しい高可用性構成であるMySQL InnoDB Clusterなど、MySQLの最新情報をご紹介します。
ブースでは、MySQLユーザ会、MySQL入門書籍、MySQL商用版などのご紹介や、MySQLに関するよろず相談を行いますので、MySQLに関する疑問などがあれば、お気軽にお声がけください!

ご来場予定の方にひと言!
データベース、MySQLに興味がある方は、是非ブースにお立ち寄りください!
ブースは日本MySQLユーザ会(MyNA)のブースと併設していますので、MySQLユーザ会に関する情報提供も可能です!

http://www-jp.mysql.com/

 

フューチャーアーキテクト株式会社
http://www.future.co.jp/architect/

Q:OSC参加歴は?
A:「オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Spring」から参加しています。

Q:参加のきっかけは?
A:普段から業務でもOSSのお世話になっている我々も、かねてよりOSSコミュニティに何かしらの貢献をしたいと考えてました。

最近では弊社でもOSSとして公開しているものがあり、知的好奇心旺盛なエンジニアに弊社のOSSへの取り組みをアピールし、実際に利用していただき、フィードバックを得たいと考えたのがきっかけです。

Q:OSCに参加しての印象は?
A:週末にもかかわらず、情報収集、情報交換を行いたいという、技術が大好きな人が集まっている印象があります。
ビジネス系のカンファレンスとは異なり、技術メインのフランクな雰囲気がよいですね。

Q:今回の見どころは?
A:2016年に注目を浴びたVulsのデモはもちろんのこと、エンタープライズ向けSQL開発環境のuroboroSQL、レガシーブラウザ対策から生まれたSPAライブラリのUrushiも実際に触って頂ける環境をご用意してお待ちしております。

Vulnerability scanner for Linux/FreeBSD, agentless, written in Go
Urushi
uroboroSQL

ご来場予定の方にひと言!
セキュリティ対策でお悩みの方、自社でのSQL開発で悶々としている方、エンタープライズ領域でSPAは使えるのかと思っている方など、是非ブースにお立ち寄り頂き、気軽にお話できればと思います。

 

Linux-HA Japan Project
http://linux-ha.osdn.jp/

Q:OSC参加歴は?
A:「オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Spring」から参加し、現在は年4回ペースで出展しています。

Q:参加のきっかけは?
A:Pacemaker等HAクラスタソフトの理解を深めていただくため。

Q:OSCに参加しての印象は?
A:普段は接する機会がない学生から企業の方までが、OSSというキーワードで気軽に集まる珍しい空間です。ネットとは違った面白い刺激が得られます。

Q:今回の見どころは?
A:エンタープライズシステムで必須となるHAクラスタ。これを実現するデファクトスタンダードOSSであるPacemakerを、ブースとセミナーで紹介します。セミナー(1日目 11:00〜)では、高可用性システムがどういうプロセスで実現されるのかを、これまでの開発経験をもとにわかりやすくお話します。可用性が上がらず苦労している方から、開発経験がない学生の方まで、将来のためにぜひ聞いて欲しいです。

ご来場予定の方にひと言!
HAクラスタは、地味ながらも、社会を支える重要なテクノロジーです。触れる機会が少ないと思いますので、ブースやセミナーでそのイメージをつかんでみませんか?

 

株式会社デージーネット
https://www.designet.co.jp/

Q:OSC参加歴は?
A:2014年7月の「オープンソースカンファレンス2014 Nagoya」から参加しています。本社の所在地は名古屋ですが、OSC名古屋の他に、東京・京都・広島の開催にも出展しています。

Q:参加のきっかけは?
A:デージーネットのOSSへの取り組みについて、たくさんの方に知って頂きたいと思い参加しました。

Q:OSCに参加しての印象は?
A:OSCに出展されている企業やコミュニティの皆さんが、とても楽しそうに過ごされていると思いました。
また、来場者の方々も楽しそうに参加されている印象が強いです。

Q:今回の見どころは?
A:今回は「roundcube」をご紹介いたします。
roundcube は、オープンソースのウェブメールです。IMAPに対応しており、アドレス帳、フォルダ操作、メッセージフィルタ等、一般的なメーラのように利用することができます。様々なプラグインもリリースされており、必要な機能を自由に追加することも可能です。(セミナーは、2日目 13:00〜

ご来場予定の方にひと言!
デージーネットの展示ブースでは、roundcube のデモ環境を準備してお待ちしております。ぜひ、お立ち寄りください。

https://www.designet.co.jp/

 
 
いかがでしたでしょうか。
こちらで紹介した出展者の他にも、おなじみのOSSコミュニティや、OSSを活用している企業、団体もたくさん出展しています。会場では、さまざまなテーマでセミナー、展示が行われますので、興味を持てる分野を探してみるのも面白いと思います。

OSCは初めて来場する方にも、初心者の方にもやさしいイベントです。出展者側もみなさんとの交流を楽しみにしていますので、ブースで話を聞いたり、デモを見せてもらったり、ノベルティをもらったり、セミナーで気になったことなどは遠慮なくどんどん質問してみてくださいね!

9/9-10開催の「オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall」、会場は明星大学 日野キャンパスです。
明星大学はOSC東京ではお馴染みの会場となりますが、まさにOSSの文化祭の雰囲気をお楽しみいただける開催となっています。(→前回の開催レポート)
皆さまのご来場をお待ちしています。

 
■懇親会(1日目)のお知らせ
OSC東京、1日目のプログラム終了後は、大学の学食スペースをお借りして、毎回約200名が参加する大懇親会があります(参加費1000円/学生500円)。アルコール以外に、ソフトドリンクもご用意していますので、未成年、飲酒されない方も、ぜひご参加ください。
お申し込みはお早めに!
→ 懇親会の詳細/申し込み


→ OSC2017 Tokyo/Fallイベントトップページ
→ 展示ブース一覧
→ セミナータイムテーブル(1日目)
→ セミナータイムテーブル(2日目)

→ 公式Twitterアカウント(@OSC_official)
ハッシュタグ:osc17tk

Comments are closed.